エル・チャボ・デル・オチョ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エル・チャボ・デル・オチョ」の項目を執筆しています。

エル・チャボ・デル・オチョ(スペイン語:El Chavo del Ocho)とは、1972年から1992年まで放送されていたメキシコテレビコメディシリーズである。ちなみに日本では全くといっていいほど知られていない。

概要[編集]

当時の1970年代のメキシコは、発展途上により、貧富の差が拡大しており、このコメディシリーズはそれを皮肉っている。キャラクターを資本主義側と共産主義側とに例えていて、作中でもその違いが描かれている。

ストーリー[編集]

の中からこんにちわ

主人公のエル・チャボはアパート(と思われる場所)[1]に置かれた樽に住んでいる8歳の孤児少年。そしてそのアパートの住民達は彼と共に毎日楽しい(?)日々を過ごしている。

これは、その少年とアパートの住民達の日々の物語。

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

表記[編集]

El Chavo Del Ochoは、しばしば「El Chavo Del 8」と表記されることがあるが、これは、「Ocho」という語がスペイン語で数字の8を意味することに由来する。ちなみに、なぜ8なのかというと、これは、主人公のエル・チャボの設定が「舞台の街の8号室に住む8歳の少年」となっていることに由来するが、作中では「樽の中に住み込んでいる」シーンしか見られないため、矛盾している。

登場人物[編集]

主要キャラクター[編集]

共産的キャラクター[編集]

  • エル・チャボ(El Chavo)[2]-主人公。もともとは孤児だったが、孤児院から抜け出して舞台の街の8号室の隣[要訂正]に置かれている樽にたどり着き、そこに住みこんでいる。8歳の少年。一見、キスメとキャラがかぶっているように見えるが、[3]彼女とは一切関連性は無い。着ている服はいつも半袖シャツ一枚とズボンで、見た目が寒そうだ。
  • ドン・ラモン(Don Ramón)-白い帽子と青い帽子のどっちをかぶっているのかがわかりづらい、痩せ型のおっさん。ジャイアニズム傾向があり、気に入らない人には容赦なく頭を殴って物事を解決するが、フロリンダ婦人と住宅地所有者のバルィガには頭が上がらない。非常に短気で怒りっぽい。NEETでは無いとは思うが、職を持っていない。また、家賃を払っておらず、彼は不法住居者である。
  • チリンドリーナ(Chilindrina)-ドン・ラモンの娘。8歳。眼鏡とそばかすが特徴。エル・チャボの友人。

資本家的キャラクター[編集]

  • キコ(Quico)-チャボの友人。いつもいつも何かを買ってもらうたびに彼に見せびらかしている。年は明確にはされていないが、少なくとも6~9歳と思われる。特徴は大きな頬で、そこから「細い豚の頬」というあだ名をつけられている。また、着ている服はいつもセーラー服のようなものであり、内股である。よくドン・ラモンに殴られ、その度に母のドニャ・フロリンダに言いつける。言いつけると必ず母がラモンに平手打ちをし、その後に必ず復襲のつもりで「クズ野郎、クズ野郎!」と罵りながら肩をぶって何かの儀式かのように家に入る。
  • ドニャ・フロリンダ(Doña Florinda)[4]-キコの母親。髪には沢山のヘアローラーを巻きつけており、その見た目はまるで腐女子のようである。彼女の夫は船で亡くなっており、女手一つで息子のキコを育てている。ラモンのことを毛嫌いしており、彼を平手打ちする度に息子に「こんなクズ野郎と付き合っちゃダメだよ!」と言い聞かせておる。ヒラファレス先生と恋に落ちており、そのシーンは第三者から見て非常に滑稽である。[5][6]
  • ヒラファレス先生(El profesor Jirafales)[7][8]-チャボ達が通う学校の先生。服はいつもハットとスーツで、真面目そうなおじさん。ドニャ・フロリンダのところでも記述したが、彼は彼女と恋に落ちており、そのシーンは第三者から見て非常に滑稽である。大事なことではないかもしれませんが2回言いました。[5][6]
  • ドニャ・クレオティルデ(Doña Cleotilde)-71号室の魔女。なぜ71なのかは分からないが、とにかく71号室に住んでいる。独身の女性。年齢不詳だが、おそらく71歳と思われる。[要出典]ドン・ラモンに好意を持っており、ひょっとしたら再婚するかもしれないし、しないかもしれない。
  • セニョール・バルィガ(Señor Barriga)[9]-チャボ達が住む住宅地の所有者。いつもドン・ラモンへ賃金の支払いを求めにそこへやってくる恐怖の人。しかし、そこへ来るたびにチャボ達から被害を受けてしまい、そのシーンがこのコメディならではの面白シーンである。

その他、脇役などのキャラクター[編集]

小さい共産主義者。GKBRではないのだ。
  • チャプリン・コロラード(El Chapulín Colorado)-真っ赤なGKBRバッタ。彼の胸にはハートがプリントされており、その中に「CH」という文字がある。職業は「ヒーロー」であり、ピコピコハンマーを武器に、人の様々な問題を解決する偽善者。
  • ポピス(La Popis)-フロリンダ婦人の姪で、キコの従兄妹。
  • ニョニョ(Ñoño)-セニョール・バルィガの息子で、[10][11]学校におけるチャボ達の友人。勉強熱心な少年。
  • ゴディネス(Godínez)[12]-オーバーオールを着た少年。常に野球帽を被っている。
  • パティ(Patty)-舞台の街の外から引っ越してきた少女。チリンドリーナとは、仲が悪く、チャボを我が物にするために彼女と争っている。
  • マリッチャ(Malicha)-チリンドリーナの従姉妹。性格は彼女とほとんど瓜二つである。
  • エリサベス(Elízabeth)-クラスメイト。説明はそれだけ。
  • カンディダ(Cándida)-クラスメイト。説明は(ry)
  • セニョール・ウルタド(Señor Hurtado)[13]-盗人。教会にてチャボの心を盗もうと試みたが、逆に彼に盗まれ、心を改めて盗人を辞めた。ただそれだけしか説明がない。
  • セニョール・カルビジョ (Señor Calvillo)[14]-ハルィガのパートナー。心不全。ただそれだけしか説明が(ry)
  • ハイミート(Jaimito el cartero)-近所の郵便配達人。ただそれだけしか説m(ry)
  • グロリア(Gloria)-パティの叔母。ただそれだk(ry)
  • ドン・ロマン(Don Román)-チリンドリーナの叔父でラモンのいとこである。ただs(ry)
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

リメイク版[編集]

  • El Chavo Animado-2006年にリメイク。

脚注[編集]

  1. ^ 実際には長屋
  2. ^ 「チャボ」とは、メキシコの言葉で「少年」「子供」という意味があり、これは本名ではない可能性がある。
  3. ^ 釣瓶に入っているところが似ている。
  4. ^ フロリンダ婦人」とはこの人物のことである。
  5. ^ a b そのラブシーンの最中は二人は周りが見えなくなり、そのせいで二人で歩いていて何かにつまづいてしまうこともある。
  6. ^ a b 息子のキコさえもそのラブシーンを滑稽だと思っている。
  7. ^ 本名はイノセンシオ・ヒラファレス(Inocensio Jirafales)
  8. ^ "ヒラファレス"とはスペイン語で"キリン"の意味があり、見てのとおり、キリンの様に背が高い。
  9. ^ 「バルィガ」とは、「お腹」を意味し、名前の通り、お腹が出ている。
  10. ^ 余談だが、私が始めてこの名前を目にしたとき、私はこの名前は女の名前だと間違えていた。
  11. ^ a b 筆者談。
  12. ^ ゴディネスは苗字であり、名前の方は明らかにされていない。
  13. ^ 「ウルタド」とは、「盗む」という意味がある。
  14. ^ 「カルビジョ」とは、「ハゲ」の意味であり、名前の通りはげている。
  15. ^ 特に昼ごはんを食べる時間帯。
  16. ^ 考えられる理由は色々と有り、「子役に演じらせたかったが、出来なかった。」「大人が演じることで、笑いを取ろうと思った。」「一身上の都合により、無理だった。」などなど、諸説有るが、どれが正しいのかは不明。
  17. ^ 発音が難しい。マッドルガではない。
  18. ^ 中級以上で十分楽しめる。
  19. ^ 楽しむコツは、「決まり文句や決まりパターンを知っていること」であり、その例は「エル・チャボが同じようなことを何度も聞くシーン」「フロリンダ婦人とヒラファレス先生のラブシーン」「セニョール・バルィガが何故かチャボから滅茶苦茶にされるシーン」などである。

関連項目[編集]

この記事「エル・チャボ・デル・オチョ」は、執筆者がスペイン語ポルトガル語を全く分からなかった上に、内容をあまり理解していなかったために、今は内容が充実していません。スペイン語やポルトガル語の話者またはエル・チャボ・デル・オチョの大ファンを求めています。さあ、これを見たあなたも、書いてみよう! (Portal:スタブ)