エヴゲニー・ボリソヴィッチ・ヴォルギン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

エヴゲニー・ボリソヴィッチ・ヴォルギン(えヴげにー・ぼりそヴぃっち・ヴぉるぎん)とはナニに電流を流して自慰行為をさせるプロフェッショナルであるGRUの大佐。 特徴は何と言っても前述の一千万ボルトにサンダーボルトした股間にあるだろう。

概要[編集]

彼は主にグロズニィグラード内にて常に自慰行為に励んでおり、ライコフとヤるのが日課なほど。たまにドリノヴォドノに出向いて開放的にする事もある。

彼はいわゆる『でんきタイプ』であり、『でんきショック』や『10まんボルト』を使用できる。彼が青い眼の気に入らん奴ばかりいる国に対抗するべく対人型最終電磁質量兵器を輸入、シャゴホッドに搭載しようとしている噂があるが、詳細は不明。

いつも大量の弾薬を携帯しているが、それは弾丸をあそこに挿し、自分の電力でぴーするために持ちあるいている。大量の玩具を持っているため、GRUの兵士からも一目置かれる存在となっている。

ちなみに阿部高和に「コイツは強敵(とも)だ」と言わしめるほどのゲイであり、部下のライコフを食べてしまうほど愛していて、彼のためなら死ねると豪語するほどである。ライコフは俺の嫁。立ち穴タチアナ・・・?誰だそれは?

またシャゴホッドを「愛車」と呼んではばからず、近々シャゴホッドのリアにカンカラを沢山つけてオランダハネムーンを上げようと計画していたが、スネークに乱入されて愛車後部を壊されてしまい、結局頓挫してしまった。

ってか外見どう見ても戦車で国境越えるとかどう見ても宣戦布告です本当にありがとうございまs(ry

MGS3で大活躍したのにビッグボスさえ出た4に全然出番が無くてザ・ボスと一緒にベンチ入りしてしまったのを大変悔しがっているそうだ。せめて心霊写真に出演したかった・・・(CV:内海賢二

また、世界を絶対的な力で一つにするという夢を実現すべく20世紀末には再び姿を現した。すでに核戦争で荒廃した世界で己の拳一つで世界の統一を図るべく奮闘するが、胸に七つの傷を持つソリッドスネークにまたしても阻止され昇天した。

ヴォルギンの玩具[編集]

  • EVA
  • MiG-21
  • Mi-24
  • シャゴホッドたん - 今一番のお気に入り。

一連の被害者[編集]

  • ビッグボス - ヴォルギンとのぴーに堪え切れず瀕死状態となる。
  • ソコロフ - こちらも瀕死状態となるが辛くも生還。
  • グラーニン - ドラム缶によるぴーにて死亡。
  • ライコフ - 唯一まともにヴォルギンの相手ができる男。あれ?誰かに似てるな・・・。

ビッグボスとの邂逅[編集]

何があったのかはお察し下さい

壮絶なる結末[編集]

何かすごい事になったと思いますのでお察し下さい

最後に一言[編集]

んのっく!

関連項目[編集]


Hammer and sickle.png この項目「エヴゲニー・ボリソヴィッチ・ヴォルギン」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)