おたまじゃくし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
オタマジャクシから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おたまじゃくし」の項目を執筆しています。

おたまじゃくし(Tadpole larva)とは、カエル子供の総称であるとされているが、実際の所は蛙の子は蛙であるため、全く別の生物である。

特徴[編集]

体は何かを引きずったボールのような形で、。引きずっているのは未練とも過去とも言われるが、はっきりとはしていない。

魚類ならば泳ぐのに適した流線型の体をしているはずだが、そうではない独特の体つきであり、二次元に存在することも確認されている。

水中で泳いでいることや二次元において網に絡まってしまっているお茶目な様から両生類の粘膜状の皮膚も嫌悪感を感じさせず、一部の人間をのぞいた者達には愛嬌のある小動物として認知されている。

日本では2009年梅雨ころから、から降ってくるようになった。

三次元においてはや小川などの淡水に加え、男性諸君のうふふに存在することが疑われている。また、二次元に存在するオタマジャクシ達も横糸のみの網で捕まえた標本として売られているので、出会うのは比較的容易であると言える。

文化[編集]

子供大人では、身近にふれあうモノが異なる存在として知られている。

子供の時にふれあうことが多いのは淡水域に生息するものであり、春によく見られる。捕まえて来て飼育しているとある日突然変身してしまうことがある。

古来より、大人が好んでふれあう淡水域に生息しない小さな白い群れは食用とされることもある。しかし、ソフトドリンクとして主に食されるその味は、人によっては吐き出してしまうこともあり得る独特なモノである。また、匂いも独特なものをもっているが、エサも掃除も不要なため、飼育は比較的容易である。

どうみても精子です。本当にありがとうございました。

関連項目[編集]


この項目「おたまじゃくし」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)