オナペット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オナペット」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「オナペット」の記事を執筆しています。

オナペット(英:Honor-pet)とは、容姿や血統などにおいて評価出来る点の多い価値の高い愛玩動物を示す単語である。

概要[編集]

英語のオナー(Honor)は「名誉」「栄光」を示す単語で、それに愛玩動物を示す「ペット(Pet)」を組み合わせたものがオナペットとなる。基本的には、カタログモデルを勤めたりするような社会的評価の高い愛玩動物がこう呼ばれるが、愛着のある対象であれば個人的にオナペットとして扱う事も珍しくない。

またオナペットの拡大解釈として、年下或いは目下の女性の可愛さを強調するためオナペットと呼ぶケースもある。こちらは日本において1970年代から広く使われ浸透した表現だが、90年後半以降の過激なフェミニズム運動で「女性を愛玩動物扱いするのは性差別的」として自粛が求められるようになると、メディアから姿を消していった。

オナペットの扱いについて[編集]

オナペットは女性への性差別表現というのは、フェミニズム側の一方的な言い分とも言える[要出典]。そもそもがペットを称える尊称であり、大柄な男性を熊に例えたり脚の速いアスリートをカモシカのようだと絶賛するのと何らかわりない。

実際1984年に結成されたアイドルグループ「オナッターズ」は「みんなに愛される、オナペットのようなアイドルになりたい」という事でオナペットという呼び名を誇りに思っており[要出典]、また「日本の素敵な愛人100選」にも選ばれたグラビアモデル「壇蜜」も週刊プレイボーイ掲載のインタビューで「オナペットになりたくて、この業界にはいりました」と語っている。

フェミニズム活動家にとっての解釈が一面的なものであるのは明白だが、だからと言って言われる側が100%オナペットという扱いを受け入れるとも限らないのもまた確かである。女性に使う場合はおおっぴらに公言するより、ごく親しい間柄で使用するのが好ましいのでは無いだろうか。

関連項目[編集]