オリックス (企業)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オリックス (企業)」の項目を執筆しています。

オリックス(ORIX)とは、日本国内大手のレンタル業者である。お金や土地、自動車DVDブルーレイなどを貸していることで有名。この会社は最初はレンタル業ではなくソースを製造する会社として始まったが、そんなことは誰も気にしない

概要[編集]

オリエント・ソース→オリエント・トリス時代[編集]

1964年4月、テナントビルの一角で「オリエント・ソース」という名でソースや調味料を製造する会社として誕生し、スーパーなどで販売していたが、なかなか売れずにいた。そこで当時のオーナーはソースや調味料では経営が成り立たないということで、「オリエント・トリス」に改称しウィスキーを製造する会社に変えた。ソースを製造していた時代に比べウイスキーは爆発的に売れ、経営は軌道に乗っていった。

オリエント・リース→オリックス時代[編集]

しかし、ウィスキー事業もそう長くは続かず会社は新たな手を打たなくてはならなくなった。そんな中、リースという物などを貸すやり方の研修を受けてきたある社員が、他の社員に対してこの研修内容を教えたことにより、会社は「オリエント・リース」に改称しリース・いわゆるレンタル業を開始した。まずは、お金を貸すことから始め、大型船、自動車、電子機器、飛行機なども貸すことを始めた。ちょうどその時の日本はオイルショックの影響を受け、それに乗っかってこれらを貸す宣伝を行った結果、会社は大儲けした。しかし、それでも世間にはこの会社の存在は知られていなかった。そして後に会社名は「オリックス」に改称される。

このように大手と言われるまで成長してきた会社であるにもかかわらず、現在も「『オリックス』という名前を聞くと野球しか思いつかなく、そもそも野球以外何がある?」という声が後を絶たない。まあ、街中のあちこちで見かけるオリックスの文字はレンタカーと銀行くらいしかないから仕方ない・・・ね。

宮内義彦[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮内義彦」の項目を執筆しています。

この会社の歴代オーナーは何人かいたが、その中でもとりわけ目立った存在なのは宮内義彦であろう。彼はオリックスを現在の主たる事業であるレンタル業にしてきた一人。そう、前述でリースのやり方の研修を受けたのはこの宮内である。

プロ野球に対しても並々ならぬ情熱を注いでいる。1989年に阪急ブレーブスを買収しオリックス・ブレーブスとしてプロ野球に参入し始めた。当時の選手の中には、親会社がいるから生活ができるという考えを持った人がいたらしく、その風土を変えるために阪急色を消していった。その後、チームはオリックス・ブルーウェーブに改称し、あのイチローが入団したのは言うまでもない

反・ナベツネ姿勢[編集]

宮内は、かの有名なナベツネに対して批判的である。宮内は金儲けの為に巨人戦ばっかり中継して、その金がナベツネの懐に入っていく当時のプロ野球の体制がお気に召さず、リーグが違えど打倒ナベツネという目標を掲げ、あれこれ動いていた。それが功を制したのか、1996年の日本シリーズでオリックスが4勝1敗で日本一の座を手にしたのは言うまでもない。ちなみにナベツネも宮内の事が気に入らず「あの金貸しが!」という名言を出すほど。

事業内容[編集]

  • お金
レンタル事業の中でも特にお金を貸すのがメインであるにも関わらず、世間は誰も知らない。お金と言ったらオリックス銀行を想像するのが大半。
  • レンタカー
まず野球以外で思いつくのはこれ。普通の自動車だけではなくトラックなども貸している。
  • 不動産
文字通り不動産事業。ちなみに子会社である大京の分譲マンションの名前は、よその会社のプロ野球チーム名である「ライオンズマンション」である。
  • DVD・ブルーレイ
これは貸していない。そもそもレンタルビデオ店なんて経営していない。

他にもあるがきりがないので割愛。

関連項目[編集]