オンブズマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

オンブズマンとは、人が困ったときに現れておんぶをしてくれる英雄である。女性の場合は"オンブズウーマン"となる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オンブズマン」の項目を執筆しています。

特徴[編集]

オンブズマン(女性は"オンブズウーマン"・ウーマンは以下略)は、たとえば横断歩道を早く渡れなくて困っているお年寄りや、四肢の不自由な人をおんぶして助けてくれる人たちのことである。オンブズマンは、特定の人でなくても誰でもなれることが最大の特徴である。したがって24時間、世界中どこにでも現れる可能性がある。オンブズマンは、健康で人を背負うことのできる人であれば誰でもなる事ができる。

活躍の場[編集]

  • お年寄りが階段や横断歩道を渡れなくて困っているとき
  • 子供が要求したり、寝ているとき(交通機関でこの類のオンブズマンを見かけたときは席を譲るべきである)
  • 恋人同士が戯れているとき(これは石をぶつけるべきであろう)
  • 昭和の名曲、一節太郎歌うところの『浪曲子守唄』の主役である

他の英雄との違い[編集]

スーパーマン
スーパーマンはクラーク・ケントという特定の人物が担当しているため、いつでもどこでも現れる、というわけにはいかない。しかもなぜか活動範囲はアメリカの都市部に限られており、非常に偏っている。また普段は新聞記者という余計なことをしているため、オンブズマンと比較して人を助ける機会が少なくなる傾向がある。
ペプシマン
正義の味方のようだが、単に某清涼飲料水のPRをしているに過ぎない。論外である。
ウルトラマン
地球を守るとうたっておきながら、なぜか日本国内(しかも東京近郊)にしか現れない。怪獣自体が東京が好きなようだ。ウルトラマンは怪獣と戦うとき、怪獣と一緒になって街を破壊する事が多く、言語道断である。また制作費の都合で地球上に3分しかいられず、到底一般人の役に立っているとはいえない。
戦隊ヒーロー
世界征服を企む悪党と戦うのだが、そもそもなぜ世界征服を企む悪党が幼稚園バスを狙うのか疑問である。また5人がかりでしか行動できないため、一人でもかけると活動に制約が出る。

またオンブズマンは、テレビやマスコミに露出することはほとんどなく、他のヒーローと言われるキャラクターとは根本的に異なっている。

スウェーデン語のオンブズマンとの違いと類似点[編集]

Quqpacmanlogo3.png
オンブズマンが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/架空の人物」へ収録されています。

他人のあら捜しをして評価を得るオンブズマン(ombudsman)とは活動の分かり易さの点で異なる。しかしombudsmanも悪党の悪事を暴く、という善意の活動を行っている点では、ここで言うオンブズマンと共通している。


この項目「オンブズマン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)