オートマチック限定免許

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オートマチック限定免許」の項目を執筆しています。

オートマチック限定免許(-げんていめんきょ)とは、文字通りオートマチック車の運転しか認められない運転免許である。

概要[編集]

通称としてオートマ限定、AT限定とも呼ばれている。1991年、某大手メーカーの圧力により、普通自動車運転免許(以下「普通免許」)に「オートマチック限定免許」が新設され、2005年には流れで普通自動二輪・大型自動二輪運転免許にも新設された。教習時にクラッチ操作・シフトチェンジを要するマニュアル車を用いることから便宜的に「マニュアル免許」と呼ばれている「普通自動車運転免許」を取得するときとは異なり、オートマチック限定免許を取得するときにはシフトチェンジ・クラッチ操作から解放されるオートマチック車のみで教習を受けることになる。そのことから、「限定」という響きに弱いスイーツ(笑)などは安易にオートマチック限定免許を取るようになり、2010年には普通自動車運転免許新規取得者のうち、オートマチック限定免許が過半数を占めるに至っている。
2017年現在9割がAT車で自動車学校に入校していると言われている。そのため、MT車で入校した人が台数が少なくキャンセル待ち出来ない現象が発生している。また、MTから諦めてAT限定にする人もいるらしい。

オートマチック限定免許は簡単か?[編集]

普通免許のオートマチック限定を取得する分には、マニュアル車のクラッチ操作・シフトチェンジを習う必要が無いため、教習自体は簡単と言える。また、数万ほど教習代を節約できるメリットもあり、金銭的な負担も若干ながらも軽くなる。しかし、名前に「限定」と付くがゆえに、教習以外の場では以下のような試練を背負うことになる。

  • 免許のことで馬鹿にされる(特に男性)
  • オートマチック限定免許にした言い訳を考える必要が出てくる。
  • 仕事などでマニュアル車の運転を命じられた時に運転できない。
  • いざ限定解除するときに教習所に通う時間を取れない。
  • ゾンビに襲われた時に、乗り捨てられたマニュアル車を運転できない。

また、自動二輪においてはニーグリップができないスクーターのみで教習を受けるため、

  • 微低速域の直進が難しい
  • (実質的に)スクーターの乗り方しか習わない

という問題があり、「運転できるバイクの種類が制限される」というデメリットとは釣り合わない。

これらの試練を背負わずに済んでいるのであれば運が良いと言って良いだろう。しかし、現実として「簡単に取得できる」オートマチック限定免許であるがゆえに後々の人生が困難に満ちたものになることが有りえるため、筆者は安易にオートマチック限定免許を取得することを推奨しない。

限定解除審査[編集]

上記のリスク・困難を一挙に吹き飛ばす限定解除審査というイベントが免許センターにて開催されている。このイベントは俗に「限定解除」と呼ばれている。このイベントは教習所で最低4時間の訓練を乗り越えれば免許センターに向かってクリアとなる。また、免許センターに飛び込んで試練に挑んでこのイベントをクリアした者はヘタレからいきなり猛者扱いされる可能性がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ かつて「限定解除」とは中型二輪(現普通二輪)という壁を乗り越えて大型二輪の免許を手にするためのイベントであり、このイベントをクリアした者は賢者扱いされていたためである。

関連項目[編集]


4370 large.jpg この「オートマチック限定免許」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)