カスリーン台風

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カスリーン台風」の項目を執筆しています。

カスリーン台風(かすりーんたいふう)は、1947年9月に、戦後疲弊していた関東地方大量の水で埋め尽くした台風である。

本当の名前は「キャサリン台風」であるが、日本では日本語らしく「カスリーン台風」もしくは「カスリン台風」と呼ばれている。その理由は、この台風が日本列島房総半島の南端)をかすったためである。

この台風は、勢力は弱いくせに、大泣きによる尿によって関東地方を水の中へ沈めたことで知られる。いわゆる雨の専門家であり、風を吹かせる能力は低い一方で、雨を降らせる能力だけが冴えていた。

キャサリン生誕[編集]

1947年9月8日、マリアナ諸島において、とある台風一家に1人の少女が生まれ、母親によって「キャサリン(Kathleen)」と名付けられた。1947年当時は、日本の敗戦に伴う英米洗脳教育の一環により、台風一家に生まれた少女はルースジェーンなどハイカラな名前が付けられていた。

キャサリンは、あまり勢力が強い台風ではなかったため、それがコンプレックスになっていた。

キャサリンが大暴れ[編集]

キャサリンは生後、日本の近くまで北上はしたものの、彼女は恥ずかしがり屋さんであったため、他の台風のように本土に上陸することを拒んだ。そのため彼女は房総半島の南を東に進み、関東地方をかすって(上陸せずに)そのまま日本の東へと進んだ。

しかしキャサリンは、関東地方の南海上に達した際、日本に上陸することへの恥ずかしさと、自分の勢力があまり強くないという悔しさ(コンプレックス)から、突然号泣し始めたと同時に、尿をすごい勢いで漏らし始めた。そのため、キャサリンの涙と尿が関東地方一帯に一気に降り注ぎ、各地で記録的な豪雨となって土石流や河川の氾濫などが多発し、大惨事となった。南関東では、東京足立区葛飾区江戸川区などの下町地域のほか埼玉県東部などが、荒川利根川の破堤により一斉に濁流に呑み込まれ、大規模な浸水に見舞われた。南関東だけでなく、栃木県群馬県など北関東でも被害は深刻なものとなった。

結果[編集]

号泣したキャサリンが放出した尿と涙による一連の豪雨・水害の影響で、関東地方を中心に甚大な被害となり、死者 1,077名・行方不明者853名・負傷者1,547名・住家損壊9,298棟・浸水384,743棟という人的被害がもたらされた。そのため、キャサリンは1934年名無しの権兵衛(当時は名前が付けられなかった)、1959年ヴェラなどと並んで、歴史に名を刻む記録的な台風の仲間入りをした。

そして、日本列島に上陸しなかったくせに、関東地方をかすって甚大な被害を出したキャサリンは、「キャサリン」と「かする」を掛け合わせて、その後「カスリーン台風」と呼ばれるようになった。

なお、関東地方はこの翌年、さらにその翌年にも、アイオンキティという名の台風にそれぞれ襲われたため、まさに災難中の災難であった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイオン台風」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キティ台風」の項目を執筆しています。
Cyclone Catarina from the ISS on March 26 2004.JPG このカスリーン台風はまだ弱い台風です。より大型で強い台風発達させて下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)