カテゴリ:合唱曲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Category:合唱曲(がっしょうきょく)は、文字通り、合唱曲のカテゴリである。

概説

本来、「合唱(がっしょう)」とは、「2パート(声部)以上」かつ「1パートが2名以上」で構成されている声楽曲をさす語であり、2パート以上であるが1パート1名ずつの場合は「重唱(じゅうしょう)」、1パートのみの楽曲を2名以上で歌う場合には「斉唱(せいしょう)」として区別される。
例えば、学校行事などで「校歌斉唱」などと言うのは、同一の旋律を多人数で歌うから「斉唱」なのであり、「校歌合唱」とか「校歌重唱」などと言うことは普通はない。

表で示すと、おおよそ以下のようになる。(※面倒なのでディヴィージは考えないことにする。)

パート数 1パートあたりの人数
合唱 2パート以上 2名以上
重唱 2パート以上 1名ずつ
斉唱 1パートのみ 2名以上
独唱 1パートのみ 1名のみ

しかし、実際には、これらの語のうち「独唱」以外は、極めて適当にしか使い分けられていない。上述の「校歌斉唱」のような例でも「合唱」という言い方がされることもあれば、SATB各1名ずつの計4名しかいないような部活動でも「合唱部」と名乗っていたりすることもある。

更に、「合唱曲」といった場合には、この区分は一層曖昧になる。例えば作曲家が重唱を意図して書いた楽曲であっても、合唱として演奏することは当然可能であるし、或いは20世紀後半以降のポピュラーソングの多くは独唱を想定して書かれているが、好事家の手によって合唱曲の形に編曲され歌われることは、もはや珍しくなくなっている。

と、いうわけで、以下の楽曲一覧には、合唱での演奏を想定して書かれた楽曲のみならず、元々は独唱曲だったものや、童謡・唱歌やポピュラーソングなどが合唱曲として編曲され歌われているものなども含まれている。全く、実に適当な分類であると言って良いだろう(二重の意味で)。

しかし、その適当さ、もとい、その幅広さもまた、合唱の魅力の一つなのである。

関連項目

カテゴリ「合唱曲」にあるページ

このカテゴリには 14 ページが含まれており、そのうち以下の 14 ページを表示しています。