カメラ会社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

カメラ会社(かめらがいしゃ)は、偽物を造るのに精進する会社。カメラメーカーと間違われてしまうが、こちらは本物を造る仕事なので間違えてはいけない。

沿革[編集]

1839年、世界で最初に実用的なカメラが登場したころ、カメラは魂を抜き取る装置であった。しかし、本来は付加的な機能であった「撮影」機能が人気を呼び、また1880年代になってフィルムの性能が上がり、シャッター速度が飛躍的に向上したために、従来のように被写体を長時間固定しなくとも「ぱしゃり」と撮影できるようになった。そのためカメラ需要は高まり、カメラメーカーの造る高いカメラでは対応できなくなってきた。

一般庶民(と言っても当時の貴族や上流ホワイトカラー)は安いカメラを求め、その需要に応えるために、新たに「カメラ会社」という存在が登場した。カメラ会社はパチモン作りに専念し、カメラの値段は驚異的に安くなり、人々はこぞってカメラ会社のカメラを買い求め、高いカメラメーカーのカメラは売れなくなった。一部の金持ちにしか変えないカメラメーカーのカメラは売り上げを減らし、カメラメーカーは衰退を余儀なくされる。

この現象は20世紀初頭まで続き、一度は安定したが、後にバカチョンカメラ携帯カメラのように、カメラ会社が作るパチモンですら可愛く見えるカメラのようなものが登場すると、それらを製造する会社がそれ以前のカメラ会社を追いやるという似たような現象が発生した。

現在、カメラ会社は派閥化が進んで、ツァイス・遺恨やコシナを代表とするツァイスグループと、ライカを代表とするライカグループに分かれつつある。

主要なカメラ会社[編集]

  • ライカ
Mシリーズに代表されるが、III型というクソカメラの在庫を売り払うため、名前を変えるなど悪質さはきわまりない。ただし、フィルムを小さくした奇跡は認めざるをえない。
まさにライカを超えたすごさである。「発泡スチロール」をチタンと偽るなど、あり得ないようなこと」をすると、カメラ雑誌界を震撼させている。
  • ローライ
未だに古くさい二眼レフを最新だと偽り売り続ける。「ローライフレックス」はその極めのカメラといえる。また、Godivaに出資しているとの噂もある。
  • ハッセルブラッド
2007年7月15日、偽物動議を起こした名だたる企業。一眼レフのシリーズもずば抜けている。
  • コシナ
偽物を特許取得し、それを他企業にも使わせるなど、実に計算高い企業。ツァイスグループ内では、ナンバー2の企業。よく提携してカメラを造る。
カメラ会社界では波瀾万丈の会社。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カメラメーカー」の項目を執筆しています。
Imgb4da957b62oe8w.jpg カメラ会社は、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)