カラカラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
カラカラ帝。すごい毛深いね。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カラカラ」の項目を執筆しています。

カラカラとは、3世紀初頭のローマ帝国を支配していたポケモンである。ローマのカラカラ浴場の建設で有名。偉そうな方の名前はマルクス・アウレリウス・セウェルス・アントニヌス(Marcus Aurelius Severus Antoninus)

実は治世の途中でガラガラに進化していた。というか同一人物。しかしローマ市民には気づいてもらえなかった。

出生と即位、変質[編集]

皇帝セプティミウス・セウェルスユリア・ドムナの子として、188年、ガリアリグドゥヌムに生まれた。もちろん両親共にポケモンである。当時ポケモンがこういう偉そうな名前を名乗るのが流行っていた(その点においてはカラカラは謙虚である)。その後、セプティミウス・セウェルスが211年に死亡すると、皇帝として即位した。

カラカラは古代ローマ帝国の暴君の一人としてよく知られているが、彼は最初から暴虐だったわけではない。少なくとも、即位するまでは心やさしいポケモンだった。力も友人のサンドパンとかのほうがよほど強かった。しかし皇帝になり、金銀に囲まれているうちに心を惑わされてしまい、奸臣から与えられた骨棍棒を振り回して攻撃力を2倍に上げると、政敵を次々に抹殺し暴君に変貌した。カラカラは骨を大変好み、殺した政敵の骨を武器にして脅したと言われており、彼の非情な性格がよく現れている。

カラカラの4代前の皇帝、自称ゼウスの子ヘラクロス(通称コンモドゥス帝)は自らコロッセウムの大会に出場し、起死回生の一撃で闘牛ケンタロスや剣闘士ハッサムを次々となぎ倒したことで知られるが、カラカラも相当の怪力で、地震を起こして敵を圧倒したらしい。ただ、大会での記録は残っていない。  

カラカラと下駄[編集]

有名なカラカラ帝の大浴場。入った後の残り湯はラーメンのスープとして市民に提供された。これもパンとサーカスの一例である。

皇帝に即位したカラカラは、ローマに大浴場を建設するなどしたが、その地位にもかかわらず毎日裸足で過ごしていた。カラカラは他の皇帝たちがしばしばそうであったように一種のナルシストであったのだが、奇妙なことには、彼は自分の足を異常なほどに溺愛していた。カラカラは、その美しい足がより多くの人の目に留まることを望み、一切の履き物をしなかった。

しかしある日、見かねた家来が皇帝にせめてと思い、露出の高い下駄を履かせようとしたのだが、この心遣いを嘲笑と受け取ったカラカラは激怒、この家来を即刻処刑した。以後、彼は下駄自体にすさまじい憎悪を抱くようになり、下駄の履いているという理由で次々と市民を処刑するようになった。

カラカラの弾圧の中でも最も有名なのは215年のアレクサンドリアへの訪問時に起きた大虐殺である。これは、ある子供がカラカラの裸足をからかったことに激怒したとも、子供がたまたまカラカラの前を下駄を履いて通ったからとも言われている。ここから、子供ゆえの純粋さが大惨事をもたらすという教訓を示した「裸足の王様」の物語が誕生した。

また、カラカラは好んで、頭骸骨を模した被り物をしていたと言われるが、一説によると、これはカラカラの残虐性の誇示、或いは政敵への威嚇の手段であるだけでなく、「足を覆うくらいなら頭をかくしてやる!」という彼の信念の表れなのだという。

このようのカラカラの下駄に対する弾圧は苛烈を極めたので、この時代にヨーロッパから下駄を履く風習がほぼ完全に消滅した。

アントニヌス勅令[編集]

この間カラカラは、表向きだけでも慈悲の心を見せないとまずいと思ったのか、212年、彼の治績のひとつとして知られる「アントニヌス勅令」を発布した。

これは、恵まれない二級市民のポケモンにも市民権を与えようというもので、カモネギに長葱を支給したり、ゴルバットクロバットに進化させたりして格差解消に努めたが、前者は全く救済になっておらず、無意味であった。

やがてローマ帝国は増え続ける人口に対応できなくなり、また他方ラッキーハピナスに進化して強大な権力を握るなど、皇帝権力が相対的に弱体化し始め、後の軍人皇帝時代の遠因はこの時につくられたとも言われている。

ペルシアン征伐と暗殺[編集]

やがてカラカラは東方を支配していたポケモン、ペルシアン(通称パルティア:ちなみにパルキアとは無関係である)の討伐に乗り出した。

ペルシアンの軍隊はかつて周辺国を切り裂くほどの力を誇っていたが、この頃には急所率低下と長年のローマ帝国及び身内との争いで没落の一途をたどっていた。カラカラはこの機会を逃さず、ペルシアンの息の根を止めるべく、東方遠征に出発、これが彼の偉大な業績のひとつになる…はずであった。

結局、その途中でカラカラは部下に暗殺された。ペルシアン征伐は実現しなかった。しかし、どっちにしろペルシアンはその後まもなく死亡した。

現在、カラカラの名はただローマに残る浴場の名前としてのみ、多くの人々の間に記憶されている。

関連項目[編集]