カワサキ・GPZ900R

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

カワサキ・GPZ900R(ジーピーゼット900アール)は川崎重工が発売した忍者専用の900ccオートバイである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GPZ900R ニンジャ」の項目を執筆しています。

忍びの者専用に開発されたが、その後は一般人にも販売されていたが、近年生産終了となった。

概念[編集]

このバイクは、日本の諜報機関で特に新鋭とされる伊賀と甲賀の忍びの者が1981年当時に力をつけていたソ連を地上から高速で強行偵察するために、兵庫県神戸市川崎重工に出向き開発をさせた究極の特殊偵察用のオートバイであった。 日本では兵器の輸出は禁じられているが、極秘にアメリカ空軍に輸出されたことは有名な話である。

日本の情報戦の要となる為、川崎重工の技術陣が集結しこのオートバイは開発されたが、技術力の弱さから 走り込んでくると鳴ってくるタペット音やオイルが滲んでそれが地面に落ち足跡が分り偵察が失敗するケースが相次いだ。

その為、次期偵察車両は川崎重工は外され、本田技研の主導で開発が進められる事になった。(※CBR1100XXスーパーブラックバード参照)

そして、忍びの者たちの退役した車両がすべてスクラップに成った契機に1985年に一般発売された。 サブネームのニンジャはその名残である。

ちなみに最近では、キリンと絡む首都高での走り屋連中ガルーダ(伽僂羅)の連中が首都高を暴走する為に乗っているケースが多い他、盆栽を育成する為に必要な材料としても使われている。

著名な愛用者に、コックカワサキがいる。