ガキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ガキとは、グルメカニバリストたちが愛する食材である。

概要[編集]

「ガキ」は、一部のカニバリストから愛されている食品である。お察しの通り、もちろん、ホモ・サピエンスの幼獣の肉である。「成獣の方が食べごたえがある」という声もあるが、グルメたちは、だけではなくにもこだわるのである。どう良いのか分からない場合は、「仔牛の~」、「仔羊の~」、「仔猫~」と同じだと考えればよい。

また、「ガキ」というと、オスを指すことが多いが、「メスの方がうまい」という根強い主張もある。[要出典]しかし近年では、後述のように、ガキを狩ることが禁止され、また、年々ガキの個体数が減少し、ガキの価値が上がっており、わざわざ食べ比べることが難しく、現在、その答えを知っている人間はごくわずかである。

主な種類[編集]

近年流行の冷凍ガキ。肉体は新鮮さが失われているが、脳はガキ並み。

ここでは、一部の種類を紹介する。

生ガキ
文字通り、生きているガキをそのまま食べるのである。いわゆる踊り食いである。
新鮮さとしては一番であるが、中る可能性があるので、注意すべきである。
干しガキ
おばあちゃんがよく縁側で作っているものである。
「ガキ特有のみずみずしさが失われる」という声もあるが、一番お手軽で、愛されている方法である。
渋ガキ
俳句だの盆栽だの、やたらと渋い趣味に走るガキを食すのである。
一概に、あまり筋肉が付いておらず、あまり人気がない。
しかし、「だがそれがいい」という声もある。

禁猟問題[編集]

現在、日本では、ガキを狩ることはによって禁止されている。しかし、それなりの数の愛好家がいるにもかかわらず、撤廃運動はあまり盛んではない。理由としては、

などがあげられる。

関連項目[編集]


サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
このガキは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)