ガス橋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス橋」の項目を執筆しています。

ガス橋(-ばし)とは、東京都神奈川県が保有する兵器の一種。

概要[編集]

ガス橋。東京都と神奈川県に架かる橋にしては貧弱である。

一般的には、多摩川にかかる橋である。川崎市と大田区の間に架けられており、朝夕は渋滞も発生する。ちょっと貧弱な感じがする以外は特に変わったことも無いように見える。しかし、真の姿は兵器の一種であり、東京を守る最後の砦とも言われている。

普通の橋としてのガス橋[編集]

平時は普通の橋である。交通量が多いのに狭いので渋滞がよく発生し、車のおしくら饅頭が発生する。また、休日になると両岸にサイクリングロードがあるために歩行者、チャリの人が往復する。そのため橋の上は大混雑となり、橋はヒィヒィ喘ぎながら支えることになる。

近々、重さに耐え切れずに崩壊して川崎市・大田区共々エクストリーム・謝罪に出場できるのではないかと期待されている。既にアメリカのミネソタ州ミネアポリスでは橋が崩壊し、無事に出場して優秀な成績を収めている。

兵器としてのガス橋[編集]

これを爆破すれば橋の上を通行していた戦車は木端微塵になるだろうし、川を渡るのに苦労するだろう。

この橋の名の由来は、東京ガス鶴見製造所で製造した大量のガスを東京に供給するためにガス管を併設したことが由来である。ということは、常時ガスを沢山抱えているということである。ここに火をつければ、一瞬でドッカーン

爆弾としての威力は大きいだろう。

また、橋が無くなると、川を越える必要がある。例えばどっかのバカな国が日本を攻めてきて、西から上陸した際にここで少しは足止めすることができる。かつて大井川に架かる橋が木製だったのは、火をつけて渡るのを難しくさせるためだったと言われている

しかし、橋自体を丸ごと爆破させるために使用回数は一回であり、形勢を逆転させるのは難しいだろう。その前に貧弱な日本の自衛隊ではろくに戦えずに速攻で負けると思うが。

関連項目[編集]

この項目「ガス橋」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)