ガソリンスタンド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ガソリンスタンド(がそりんすたんど)とは、地球に侵攻してきたエイリアンを撃退するための地球人の城砦である。

概要[編集]

高速で大気圏に突入し、その熱による炎に包まれているエイリアンに向かってガソリンを発射し、燃やし尽くしてしまう城砦である。エイリアンの種類によって広く対応できるように「ハイオク」「レギュラー」「軽油」「灯油」などさまざまな毒液が用意されている。給油ノズルをエイリアンに向けて引き金を引くと、オイル発射される。 

歴史[編集]

自動車が社会に普及するにつれ、宇宙から地球上の自動車を見たエイリアンが、「これを奪い取れば無重力空間を自由に走り回れるぞ」と調子に乗って地球に侵攻してくることが想定され、自動車の密集する地域に、エイリアンを撃退できる基地を造ることが必要になった。基地の案を公募したが、アメリカ合衆国の某石油王が提案した「ガソリンを発射できる装置を備えた基地が良い」との案が採用された。

現在と未来[編集]

もともとエイリアンを撃退するための城砦であり、地球人の自動車にガソリンを供給するというのはサブの役割であったのだが、最近は後者がメインの役割だと誤解する人が増えてきているようだ。中にはガソリンスタンドの従業員にも誤解している輩がいるらしく、戦闘訓練をサボる従業員の増加が問題化している。しかし、油を売っているので正しいかもしれない。もっとも、自衛隊員以外が戦闘を行うということが日本国憲法違反ではないかという問題があるが、そんなこと誰も気にしない

最近、燃料電池車が開発されていて、これに水素を供給する水素スタンドが建設される計画がある。あくまでも一般供給はサブの目的であり、もちろんメインの目的は炎上するエイリアンに水素をお見舞いし、爆発させるものである。この爆発で周辺の民家などに被害が及ぶのではないかという問題があるが、そんなこと誰も気にしない

そんなこんなわけで全国に展開したガソリンスタンドであるが、今のところエイリアンの襲撃はないようである。結局無駄だったのではないかという問題があるが、そんなこと誰も気にしない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガソリンスタンド」の項目を執筆しています。


ひよこ この項目「ガソリンスタンド」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)