ガノトトス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ガノトトスとは、日本人が愛してやまないの一種である。マグロなどと並んで日本の高級魚とされている。近年は欧米諸国や中国の富裕層にも人気があるため競り値が上昇している。また漁獲が難しいため1個体あたりの値段はマグロや鯛の比ではない。 稀に、美しい翡翠色の鱗を持つ亜種が確認される事もある。 最近では、頭部の鰭が発達し、イビルジョーの顎のように下顎を突き破り、異常発達した5本の鮮やかな水色の牙が生えた個体の目撃情報もある。

産地[編集]

大きな産地は密林孤島がある。密林産のものは脂の乗りがよく、皇族の食事にも利用されているという。身が引き締まっていて、なおかつやわらかい独特な食感はほかの魚にはなく富裕層の間では人気があるだとか。我々庶民の手に届くものではない。アンサイクロペディアンならばなおさらである。一方孤島産のものは、海水という性質上身に少し塩気がある。また密林産のものに比べ身に締まりがなく水っぽい。しかしそれでもそこら辺の魚と比べると美味であることに間違いない。なお孤島産のものは密林産のものに比べ競り値が2~3割安くなっている。しかし、それでもアンサイクロペディアンの手に届くことはない。 水没林産は密林産の方に近い。 近年では渓流、遺群嶺の川にも姿を現すようになった。

競り値[編集]

ガノトトスは漁獲の難しさからほかの魚よりも競り値が高めになっている。旬の時期であれば大体1日10~30本のガノトトスが水揚げされる(築地の場合)。一般的な競り値は1匹あたり1000万円が妥当である。ガノトトス一匹当たりの重さは2tほどのものが多いため100g当たりの値段は500円となる。元の個体が大きいためか100g当たりの値段は本マグロほどではないがそれでもアンサイクロペディアンの手に届かないことに間違いはない。ちなみに100g当たりの最高値は2012年初物で2.5tのものが4億5000万円(100gあたり1万8000円)で築地のチェーン店「すしざんまい」が落札した。

漁獲方法[編集]

ガノトトスは力が強いため定置網での漁獲は行われない。ハンターと呼ばれる漁師がガノトトスを竿で地上に吊り上げ、そのあと大剣太刀でとどめを刺すのが一般的である。孤島では、ハンター自らが水中に入り漁を行うこともあるそうだ。またガノトトスはに弱いため発電機や火炎放射器がついた武器で漁を行うことが多い。リオレウス希少種の武器は人気がある。またガノトトスは非常に凶暴であるため毎年100人ほどのハンターが殉職している。最近では投網による漁法が確立されており、より安全に漁を行うことが可能になった。その上、身に傷が付きにくいため今までの漁法より高値で取引できるようになった。

調理法[編集]

ここでは数ある調理法の中からおすすめのものをいくつか紹介する

刺身
日本では最もポピュラーな食べ方として親しまれている。食感はマグロのそれよりも弾力がある。
中でも大トロは食べた者の人生観さえ変えてしまうと言われ、調味料やマナーなどを問われる事もあるほどの高級食材として流通している。
寿司
刺身と同様、日本では最もポピュラーな食べ方。
塩焼き
あっさりと塩で焼いていただく。大根おろしとゆずポン酢をかけて食べると美味。
照り焼き
もともと脂が多いためこってりが苦手な人にはお勧めできない。
ローストガノトトス
ガノトトスの肉の塊を弱火でローストしていただく。一般にはあまり認知されていないがハンターの間では人気である。

関連項目[編集]


Billyaniki.jpg 月刊 狩りに生きる」では、より多くの皆様により快適なハンター生活を送っていただくため、ハンターの皆様からの「ガノトトス」に関する情報を募集しております。お便りはこちらまで! (Portal:スタブ)