キスマーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キスマーク」の項目を執筆しています。

もしかして: キルマーク

キスマークKiss-markHickey)とは、ホモ・コンビニエンスによるマーキングである。

概要[編集]

綺麗なキスマーク。

主としてメスに多く見られる行動の一つで、自己の所有を宣言・主張するために対象を強く吸引し、の跡をつける。対象が生体(主としてホモ・コンビニエンスオス)である場合、内出血を起こして比較的長時間にわたって残るもの(愛噛アマガミ)と、口紅の付着によって比較的短時間で消えるものの二種類が確認されている。また、ごく稀に無機物や不衛生な対象に対して無節操にマーキングを行なう個体もいる。

効果[編集]

強く皮膚を接触させることから自分の体香を対象に付着させ、両者の体香を混合(いわゆるフェロモン)させることによって自分以外の異性を遠ざけ、対象を自分に惹きつける効果を発揮する。また、メスの唇には皮膚を通してオスの精気を吸い取る力があり、皮膚に唇を触れられたオスはたちまち抵抗をやめ、従順になる。その隙を狙って、自分のモノにするなり、一夜限り遊び捨てるなり、お好きなように。

余談[編集]

ちなみにキスマーク(Kiss-mark)という名称は和製英語であり、英語ではヒッキー(Hickey)と呼ばれるらしいが、Hickとは「田舎者」「野暮天」という意味(-eyによって「~なもの」となる)であり、不用意につけられてしまったキスマークをひけらかす行為がいかに「イケてない」として忌避されているかがよく解る。

関連項目[編集]