キャプテン★レインボー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

キャプテン★レインボーとは、虹が描かれたコスチュームとヨーヨーがトレードマークの正義のヒーローである。

これがキャプテン★レインボーである。

実はカッコいいヒーローのページではない! くわしくは下の説明を冷静に読もう!

概要[編集]

説明しよう!キャプテンレインボーはマメルカ出身の自称ヒーローであり、その正体はさえない少年ニックである。しかし、新たなヒーローの登場や番組視聴率の低迷などによりついに番組を降板され、落ち目のヒーローとなる。だが再び子供たち憧れのヒーローとなるべく、ミミン島を目指し旅立ったという。任天堂ゲームではめずらしい恋愛セクシャルコンテンツを含んでいる。

キャプテレインボーの武器は異例中のヨーヨーであり、その攻撃力は強力である。しかしキャプテンレインボーは水中では変身できず、カナヅチである。さらに長い間変身してると死ぬ。食べ物を食わないと死ぬ。シャドーにスターを消されると死ぬ。などスペランカー先生にも負けない多彩な死に方をもっている。

ミミン島[編集]

ミミン島はどんな願いも叶うという伝説の島であり、ドンキーの相談室でミミン島に行けといわれた任天堂のマイナーキャラ共がこぞって来ている。もしそこで自分の願いを叶えるとしかしそれでいいのかとか訳の分からないことを言われスタート画面に強制送還される。スマブラX不参加者しか招待してないはずなのになぜかX参加客もちらほら見かける。全員願い目的であり、勝手に住居を設立している者までいる。治安も商業も全くなってないが電力だけは風力でまかなってる。島の住民はとても個性的で放送禁止用語をベラベラと喋りまくる恐竜や、異常な速さで体重が変わるプロボクサーや、ストーカーの悪魔や、股間を掻きまくるおっさんなどがいる。

ミミン島に落ちているキラリンを20個集めると流星夜が起こり、目のないスターが出現する。それを諏訪子の帽子に捧げると願いがかなえられる。流星夜発生中はシャドーが大量発生しスターを奪おうとする地獄のおいかけっこという名のメニゲームが楽しめる。シャドーにスターを奪われ暗黒のフォークダンスでスターを消されると死ぬので注意。また住民が島から減っていくと、島が過疎化してシャドーが増えたり空き家が増えたり草が枯れてきたり島が狂ってきたりする。

ミミン[編集]

ミミンとはミミン島に宿る精霊のことである。死ぬと「キラリン」という大地の結晶がでてきてこの結晶は高く売れるらしい。さらにミミン島のどこかの洞窟には巨大ミミンという土地神が住んでいるらしい。大きさはトトロほどあるとか。

この巨大ミミンからレインボーという頭の上に虹をかける何とも言えない平和な必殺技を授かることができる。

ミミン島のオヤシロサマ[編集]

ミミン島には神社がありそこの巫女が祭っているという。 竜を封じ鬼を退治した三須太亜浦島神(みすたあうらしまのかみ)青毛の神様と伝えられている。 別名ドンベサマとも言われ遥かな昔ミミンと友になったのち腕輪を授かりあらゆる人の願望叶える為に生前は現人神と崇められたが生贄に捧げられたミミンの怨念により彼に腕輪を与えたミミンと共に呪いが掛かってしまった。

その存在ははぐれミミンの呪いの影響で巫女のお告げや占いとかで力貸す程度の希薄な存在となってしまったがあちこちうろつき周るの好きらしくゲーム中でははぐれミミンの掛かった呪いの影響下である為プレイヤーが視覚する事は絶対に不可能だがたまに2ちゃんとかのコミュ的な場所でゲーム中まったく出てないのにどんべ(笑)とか発言する存在がそれらしい。

なお島の巫女自身は知らないがこのミミン島のオヤシロサマと島の巫女は先祖と子孫にあたり、八代前の巫女はオヤシロサマと連れ添った乙姫という説もある。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キャプテン★レインボー」の項目を執筆しています。