キラキラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キラキラ (aikoの曲)」の項目を執筆しています。
Jasrac.jpg
JASRAC届出済
この項目に使用されている楽曲は、JASRACにより管理されています。

アンサイクロペディアでこの警告は分不相応かも知れませんが正真正銘の警告となります。
無断で使用した場合、著作権法により処罰の対象となりますのでご注意ください。

キラキラはシンガーソングライターaikoのシングル曲。ポニーキャニオンから2005年8月に発売された。ヘッドホンで音楽を聴いて帰ってくるはずのない恋人の帰りを待っていた女性だが、いつしか地縛霊となってしまい、それでもこの世が無くなるまで待ち続けるという悲しい内容のホラーソングである。彼女の思いは非常に強く、この世がなくなった今でもとなって残留思念が漂っているという。

オリコン最高位2位というホラーソングとしては異例の大ヒット曲となった。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、フェル博士の正体はハンニバル・レクター教授であることや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、アポロ・アマタ・カグラは翅犬ポロンの生まれ変わりだったことや、夜神月はニアに敗北しリュークに殺されることや、奇天烈大百科は最後、ママに汚い白紙のノートと勘違いされて捨てられることや、ブルースはロックマンの行方不明になった兄であることや、遠山博士の正体は夢野久太郎であることや、魏呉蜀どの国も乱世を統一できないことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

歌詞の内容[編集]

地縛霊の姿をとらえた心霊写真。全体的に白がかっている。


警告!
この項目には、JASRAC登録曲の歌詞が無断で使用されています。直ちに指定の口座に使用料を振り込んでください。払っていただけない場合は法的手段に訴えます。

歌詞の中で、地縛霊の女性が(恋人が)帰って来たら話す、と語る項目の意味は以下の通り。

  • 羽が生えた
    悪魔の羽であり、女性は既に悪霊へと堕ちた存在であることを表す。
  • 深爪した
    外に出ようと必死でを中から引っ掻き続けたため、爪がすり減って無くなってしまったということ。
  • シルバーリングが黒くなった
    古来、銀製品には魔除けの効果があるとされてきた。それが黒くなってしまったと言うことは、魔除けの効果が無くなった、つまり女性自身が魔の存在になってしまったということ。

紅白歌合戦[編集]

aikoは2005年の第56回NHK紅白歌合戦に出場した。当初はこの歌で出場する予定だったが、歌詞の内容があまりに恐ろしく、かつ陰惨で、紅白歌合戦にふさわしくないとされたため、急遽同年11月発売の『スター』に変更して出場している。

関連項目[編集]