中国国鉄キロ9形気動車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キロ型潜水艦」の項目を執筆しています。

キロ9形気動車は、中国国鉄が東シナ海で運行する気動車

気動車導入以前の中国の鉄道[編集]

中国本土では、19世紀から鉄道運行が開始され、蒸気機関車による客車列車が多数運行されていた。撫順炭坑などからのエネルギー資源産出もあり好調であった。当時の光景は、前面展望がニコニコ動画などに無断転載されまくっており今でも見ることが出来る。

幹線においては蒸気機関車が主力であったが、支線では蒸気機関車の運行が非効率なことから、満鉄ジテ1形などの人力動車も使用された。中国国内ではすでに自転車が大量に産出しており、その自転車を動力源とし電気モーターで走行するこの車両は、重量に比して低出力であったが重宝された。これらの車両は大量の苦力を必要とするため、解放後は人道的配慮からパンタグラフを装着し、現在でも撫順炭坑などの通勤電車として使用されている。

気動車導入[編集]

しかし、大慶油田の開発を機に、軽油や重油が大量に余ることとなった。蒸気機関車でも重油タンクを装備したが、軽油のみで走行する気動車が導入される。機回しや方向転換が不要で、短編成でも輸送効率がよい気動車は重宝された。当初は客車に無理やりエンジンを装着しただけの、気持ちの悪い、どうしようもない車両とされていた(気動車の語源となる)。しかし、エンジン性能の向上と共に、客車列車を凌駕する性能の車両が登場した。空気抵抗に考慮した流線型の気動車が多数製造され、各地のローカル線に高速輸送をもたらした。

日本でも、流線型気動車は多数が導入された。最初期の流線型気動車であるホランド式気動車は、明治39年にイギリスから輸入され実験走行を開始したが、明治43年、広島でガソリン漏れから乗員が全員死亡する大事故を起こしている。また、1945年には、転轍機の途中転換から横転炎上する大事故があり、161名が死亡している。その後は安全性も向上し、海上を滑るように走る気動車の姿は、千と千尋の神隠しなど、映画化もされている。

戦前形の気動車は老朽化もあって、現在は保存された一部を除き地上から姿を消しているが、北陸では海での使用が依然として盛んで、海中には多数の気動車が存在しており、釣り客には大人気である。

キロ9気動車[編集]

海中で運用する最新型の気動車として、中国国鉄は旧ソビエトのキロ9型気動車を1994年から輸入し、現在はパクリ現地生産している。ソビエトでは1980年から運用が開始された。

編成[編集]

当初は3両編成22本66両と予備車4両の70両が東シナ(品川運転所)に在籍していたが、品川運転所の統廃合により現在は東オク(尾久客車区)所属となっている。

一次車の364Fおよび365F、二次車の366Fおよび367Fはソビエトからの輸入である。量産車である368F-375Fは現地生産。

全車が軟座車(日本での二等に相当)であり、そのため形式名もキハ9形ではなくキロ9形と表記される。

構造[編集]

外観は涙滴型、台枠は魚腹式で、車体は高張力鋼を使用しているとされる。

動力は、満鉄時代から定評ある電気式で、ディーゼルエンジンと電動機を組み合わせる形式。ハイブリッド方式を採用しており、蓄電池を編成後部に多数搭載している。


この項目「キロ型潜水艦」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)