キーボード (打楽器)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

キーボードとは打楽器の一種。演奏法が他の楽器に比べ容易であり、奏者は非常に多い。ピアノ同様鍵盤を有するが(後述)、弦は無く音階も無い為、鍵盤楽器ではなく打楽器として扱われる。

概要[編集]

一般的なエンターキー。

キーボードは作成されたにより多少差異は出るが、多くは100を超えるキーと呼ばれる小さな鍵盤と、その中でも一回り大きいエンターキー(リターンキーとも)と呼ばれるキーを備えており、その構成は複雑である。キーボードには音階が無く、どのキーを叩いても同じ音が出る為、演奏自体は容易であり奏者は非常に多い。また、音階が無いこの楽器は、如何に美しく演奏するかが重要視されており、「聴かせる音楽」ではなく「魅せる音楽」としてその地位を築いている。

表現[編集]

オシャレに叩くのがベスト。

キーボードの演奏は前述の通り、魅せることに重点を置いている。その演奏法は100個以上のキーによりリズムを奏で、エンターキーによりその演奏を締めくくる。この締めくくりこそがキーボードを奏でる上で最も重要であり、美しく、強く響かせるように叩き、表情による感情表現を織り交ぜることが望ましい。

奏法[編集]

キーボードの演奏は自由度が高く奏者によって十人十色であるが、下記にポピュラーな奏法を記載する。

「業務用に会社が用意したPCアンサイクロペディアにアクセス、その上に編集までする、ルパンでもそんな盗み方しないという給料泥棒が、あたかも仕事をしているように見せかけるよう、両隣や背後を気にしつつ何度かキーを叩いてはエンターキーを叩く」といった情景を聴き手に感じさせる奏法。エンターキーは4回に1回程の頻度で強く叩き、同時にため息をつく事で一区切りついた感を出す。
F5連打に用いられる専用キーボード
100種以上のキーの内、F5と呼ばれるキーのみを使った奏法。韓国式の場合、エンターキーによる締めは不必要であり、奏者の体力が続く限りただひたすらに連打し、その速度・持続時間等が重視される。全てのキーがF5に置き換えられた専用のキーボードも存在し、スポーツのような側面を持つ。
ESCAlt+F4三田と呼ばれるキーを一心不乱に叩き続ける。奏者はその演奏中、「絶望の中、それでも奇跡を信じ努力する」や「この子(未保存のデータ)だけは!この子だけは助けて下さい!」といった感情を表現し、最後のエンターキーは「諦めと苛立ち」をぶつけるように叩くことが望まれる。
この世に存在する全ての負の感情をキーボードを使い演奏する。奏者は感情に身を委ね、怒り・悲しみ・不満といった感情を表現する。この奏法はキーボードを叩くと言うよりは、キーボードで叩くと表現した方が正しく、その表現する感情故に一回の演奏でキーボードが破壊される。また、演奏時はキーボードで音を出すだけでなく、同時に感情を声に出すこととなっており、大きな感情の起伏の後に壊れたキーボードを見て燃え尽き症候群となる奏者も多い為、素人や初心者にはお勧めできない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キーボード (打楽器)」の項目を執筆しています。


この項目「キーボード (打楽器)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)