キーボード (楽器)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

キーボード(英・keyboard)とは、黒鍵と白鍵のコントラストが美しい薄型ピアノである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キーボード (楽器)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

キーボードとは、黒鍵と白鍵の二つを使い多彩なメロディを紡ぎだす楽器である。主にカチャとかバンとかターンなどという打鍵音を響かせる同名の打楽器と比べ鍵の種類は圧倒的に少ないものの低い順の5:7に割り振られた鍵に触れることにより様々な音を生みだすことができる。クラシック畑の音楽家たちはキーボードが単調な音しか出せない同名の打楽器と混同されるのにイライラしているのか、鍵盤のドイツ語訳であるクラヴィーアと呼ぶことにしているそうだが、そんな高尚なものにあまり興味がない下々の方々はこの二つをいっしょくたにしている。

歴史[編集]

元々ピアノとはグランドピアノを代表に場所をとる楽器として知られていた。大型のコンサート会場や体育館のステージ上などならともかく、この重さのせいでしょっちゅう楽器を出し入れする必要があるバンドのステージなどには使うのが絶望的であった。多くのバンドマンたちはギターベースドラムで自分たちの音楽を十分紡ぎ出せると考えていたが、ポール・ギルバートなど一部のバンドマンはピアノがあればさらに自分たちの音楽をさらに重厚な世界を世界へと導けると考えた。そうした人たちはピアノ職人に軽いピアノを作ってくれと言われたが一蹴された。

だが彼らは諦めなかった。ギターやベースの花形がクラシック・ギターからエレキギターへと変わっていったようにピアノも電子化できるのではないかと考え、アナログに無理ならデジタルに頼ればいいじゃないとばかりに電子職人にピアノの軽量化を依頼したのだ。結果としてギターが電子化に成功したように、ピアノもあっさり電子化がなされた。命名は板に音を鳴らす鍵をつけたものから「鍵板」とし、直訳英名でキーボードとした。電子機械工にクラヴィーアといってもなにそれだったのだから仕方ない。

発展[編集]

複雑な音を奏でることができる電子ピアノ「キーボード」は、音楽界、特にバンドに革命をもたらした。今まではギター・ベース・ドラム(誰かの兼任も含めボーカルを加える場合も多い)の三人がいれば十分だったものが、キーボード奏者であるキーボーディストの存在を求めるバンドが急増したのだ。求められたキーボーディストたちの大半はギターやボーカル等の陰に隠れていたのだが、自分たちが主役になれる方法を模索し始めた。

そうして悪魔の発想が生まれる。ギターやベースが電子化したのなら音楽のすべてを電子化してしまえばいいじゃないと、シンセサイザーの系譜であるコンピュータミュージックと合わせることでキーボードだけのバンドを作ってしまおうという技術が誕生してしまったのだ。実際YMOTM NETWORKのようにギターかベースを使わないシンセサイザーを核とし、キーボードをリーダーとした音楽グループも誕生し、ポピュラー音楽界の中で爆発的なヒットを飛ばしている。旧来の三人体制バンドはキーボードの起す重厚な音の波に飲み込まれないだけの技術がなければ流行らない時代を迎えたのである。まさにミイラ取りがミイラである。

関連項目[編集]


この項目「キーボード (楽器)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)