ギザ十

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ギザ十(-じゅう)とは1950年代に出回った粗悪な偽造十円硬貨である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギザ十」の項目を執筆しています。

概要[編集]

通常、通貨を偽造する際、偽造者は自分にはわかる違いを作るのであるが、ギザ十には側面にギザギザをつけるというあまりにもわかりやすい違いが施されているのである。そのため、見分けることは非常に簡単であるが、あまりにも大量に流通してしまったため、しばらくの間、この偽造には誰も気が付かなかったのである。そのため、一時期は通貨として普通に通用していた。

警察による捜査[編集]

警察は捜査を開始したが、事件の認知までに時間がかかり、捜査の開始が遅すぎたうえ、あまりにも間抜けな違いのつけ方にもかかわらず、それ以外の所は非常に精巧にできており、犯人像がつかめなかったため、捜査は難航した。やがて、ギザ十の回収が進むにつれ、捜査は縮小されてゆき、犯人が捕まらないままに迷宮入りとなった。

現状[編集]

2013年現在、ギザ十はほとんど市場には出回っておらず、むしろプレミアが付いている。事件の真相は依然としてで、今でも調べている物好きもいる。

なお、ギザ十は偽造通貨であるので、使用すると、刑法第152条によって罰せられる可能性がある。その場合、「額面の三倍以下」の科料又は罰金が科されることになっているが、「ただし、二千円以下にすることはできない」とされており、十円に対し、二千円よりも多い金をとられることになるため、割に合わない(そのため、さらに犯人像がつかみにくかった)。もっと額面の大きなのを使おう。注意しよう。

関連項目[編集]


この項目「ギザ十」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)