ギャラドス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギャラドス」の項目を執筆しています。

ギャラドスとは、生物兵器ポケットモンスターの一種である。

概要[編集]

コイキングが進化するとギャラドスになる。鯉が龍のような姿に進化することから、しばしば登竜門の伝説にも喩えられる。コイキングとはまったく比べ物にならないくらいの強さを秘めており、コイキングに秘められた力を思い知らされる。

進化の際に脳細胞の構造が大きく組み換わってしまうため、凶暴なものが多いことで知られるポケットモンスターの中でも、その凶暴さはトップクラスで、人同士が戦争を始めると姿を現し、街一つを火の海に包んで焼き払い、消えていくという。
実際、戦国時代を題材にしたある歴史絵巻には荒れ狂うギャラドスの姿が描かれているものがあり、その中ではかつて比叡山大阪城を実際に焼き払ったのはギャラドスであるとされている。しかし、これについては多くの歴史学者からの異論が相次いであり、その信憑性については疑問がある。

しかし実際にはそうでもないことがある。実は数多くの地方で「すごいつりざお」によって釣られたとの情報が寄せられており、しかも実際に戦ってみると電気に弱いというデータまで出ている。さらに懐いたギャラドスの「おんがえし」は強力無比で、フロンティアブレーンのアザミも愛用している。

水タイプの同兵器の中では最も格闘能力が高く、同じ戦闘スタイルのラグラージニョロボンを抑えて最高ランクの名誉を与えられた。しかし、進化前のコイキングは他の生物兵器の兵装をコンバートできないことから、育てるのには少しテクニックが必要である。

非行タイプが追加されており、コイキングのときには覚えられなかった「万引き」や「オヤジ狩り」といった技が習得可能となり、実際に大喜怒博士が被害にあっている。 「そらをとぶ」を覚えさせようとした子供たちの時間を返せ。

赤いギャラドス[編集]

1999年滋賀県琵琶湖にて「赤いギャラドス」が発見された。 当初は、ロケット団の出す、怪電波が原因とされていたが、のちにネットのやりすぎで、デンパになりすぎたことが正式な原因とされた。 別に普通のギャラドスがレベル3になったわけではない。もちろん正体もサエコさんではない。

弱点[編集]

弱点が全く無いように思えるギャラドスにも弱点はある。それは電撃攻撃である。普通の4倍という驚異的なダメージを与えられる。実際に、ギャラドスに一人で立ち向かったピカチュウが勝利したというケースがあった。まさに電気攻撃を覚えていたらギャラドスなんて一発で倒せる。

カスミにはかつてすごい嫌われていた。

大きさ[編集]

  • ゲーム内では小さく見えるが実際は1階~3階ぐらいの高さがある。

これは琵琶湖がギャラドスの生息数を増やし、 このサイズが当たり前になってしまったらしい

関連項目[編集]

ギャラドスの進化前後
退化:
コイキング
ギャラドス 進化:
-
こんな感じに捕まえてください。
WANTED ギャラドス

この「ギャラドス」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)