ギャル曽根

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギャル曽根」の項目を執筆しています。
「ハッ!ハッ!大食い!大食い!
満腹って言葉にビビってんじゃねーぞ!
己との戦いだ!ハッ!
食え、食え!ハッ!」
ギャル曽根 について、市原隼人花香よしあき
「底無しです」
ギャル曽根の胃袋 について、川島明麒麟
「大食いクソ女」
ギャル曽根 について、有吉弘行

ギャル曽根(ギャルそね)とは、吸引力の衰えないただひとつの汎用人間型自動掃除機、もしくは対食用人型最終兵器である。別名、吐き出さないカービィ1985年京都府舞鶴市で第1号が製造される。一応、デザインはギャルをモチーフとし、目前に出された巨大すぎ、もしくは大量すぎて、もはや生ゴミにしか見えない何かを瞬時に吸収、その後、消化、最後にまた吸収する。ただし、あくまでも人型であるがゆえに作業スピードに難があり、常時早送りか、もしくはスタッフによる編集作業が介在することが多い。

概要[編集]

この優秀なる対食兵器の大きさは、高さ1.0385Hyde(162cm)、重量45kgと、掃除機としては巨大。兵器としては中型。歌手としては、黒歴史。ガヤ要員としては微妙な存在である。実際、対食兵器以外に対人兵器としても使用された過去があり、バカな中学生を間接的に殺害したこともある。現在でも多くのテレビで販売しており、その吸引力と大食い対決における必殺兵器(ただし性能はジャイアント白田に劣る)としての性能、さらには、とっても微妙な化粧の腕前に多くの視聴者は釘付けとなっている。

ちなみに、人型としてのモデルは、実は温水洋一ではないかという噂があるが、真偽は不明。

仕様[編集]

  • 調理師免許を持つただひとつの汎用人間型自動掃除機である。
  • ワタナベエンターテインメントに所属するただひとつの汎用人間型自動掃除機である。
  • hydeより大きいただひとつの汎用人間型自動掃除機である。
  • 主な動力源はマヨネーズ。3日で1本消費。
  • 吸い込んではならない対象も多く、蕎麦レバーこんにゃくなどを吸い込ませると故障の原因になる。
  • 大量に吸い込むほど排出物の量も増える。排出は1日10回以上行うともされる。

付属品[編集]

人間型掃除機であるため、付属品としてお箸スプーンフォークといった先端にとりつけるための器具が必要になる場合も多い。まれに、付属品を使わずに使用する場合もあるが、その際は、主に使用者から「汚い」「気分が悪くなった」「子供がまねをする」「ヒンズー教徒か」、などのお叱りを受ける場合が多々ある。

あわせて、開発者は先端のその先端にこだわりを持っているとみえ、温水顔のイメージをかき消すための様々な装飾を施したバージョンが存在する。これは、開発された時期が調度フローレンス・ジョイナーの活躍した時期とかぶったためである。

トラブルシューティング[編集]

※トラブルシューティングより一部抜粋

吸引ボタンを押しても吸引が始まらない
一応、製品としては、アイドルらしきものです。テレビカメラのスイッチを入れてからご使用ください。
それでも吸引が始まらない
食材は確かめましたか?それでもだめな場合、ウニやトロといった高級食材を好んで吸い込む性質がありますので、プロデューサーと相談してみてはいかがでしょう。
表情が暗すぎる
すいません、化粧が厚すぎるためです。ですが、化粧をしていない姿を見せると、視聴者のほうが暗くなります。それでもよければ。
スッピンが温水洋一
間違えないでください。温水洋一が掃除機顔なだけです。あの丸みをおびた表情なんて、まさに掃除機じゃないですか。

内部をさらさないでください[編集]

人型掃除機であるため、基本的に内部のシステムを外部にさらすような行動は慎んでください。スッピンが見たい、などという考えは機械の性能を大きく損なう危険性があります。あくまで、テレビに映った状態で機動させるよう心がけください。あわせて、吸収したものがどうなるかについては、コンポスト機能も整備されている、ということにしてください

商品販売[編集]

商品の解説は、ジャパネットたかたが承っております。以下の動画を、しっかり最後までご確認ください。

関連項目[編集]


この「ギャル曽根」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png