クチビル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ヒトの顔面に寄生したクチビル

クチビルは、ヒトの顔面上の口腔周囲に生息する、ヒルの一種。

概要[編集]

クチビルはヒトの口腔周囲に寄生するヒルである。一般に、口の上下に1匹ずつ、計2匹が寄生する。ほとんどすべてのヒトの口の周囲に寄生している一方、ヒト以外の生物に寄生することもあるがその例は多くはない。

常にヒトのを吸っているため赤く見えるが、実際には茶褐色ないし濃紺色をしている。プールに入ったときなどにクチビルが紫色になるのは、冷えたことによってクチビルの活動が鈍くなり、血を吸う量が減ってヒル本来の色が表れるためである。

宿主の体の表面に寄生する外部寄生であるが、生まれたばかりの乳児の口にもクチビルが寄生している様子が観察されることから、胎児の段階で母体を通じて寄生するものと考えられる。

また、クチビルの厚みが異常な人間をタラコクチビルということがあるが、人間が生まれた時、異常に大きい時もあるように、誕生から寄生までの過程で過剰な栄養分が蓄積され大きくなった物であり、血を吸う量に変わりは無いとされる

生態[編集]

クチビルは、ヒトの口の周囲から離れることはなく、常にヒトの血を吸い続けており、宿主であるヒトが死亡するとクチビルもやがて死ぬ。そのため、クチビル独自の生態についてはほとんど知られていない。

クチビルによる寄生について、ヒトの側には明確なメリットが見出されないが、クチビルの色や形が異性に対するセックスアピールの要素となる場合があることから、これをとらえてヒトとクチビルは共生関係にあるとみる学説もある。

ヒトが生殖行為をする際、互いのクチビルを重ねたり吸い合ったりするキスや接吻などと呼ばれる行為をすることが知られているが、ヒトの口は生殖器ではないため、生殖における積極的な意味は存在しない。

そのため、ヒトが生殖に伴ってキスをするのは、寄生生物であるクチビルが交尾するためだと考えられている。

また、クチビルにヒアルロン酸を注入し、アピールポイントのひとつにする人間がいる。だがその行為はクチビルに多大な肉体的ダメージを与えることになる。そのため、ヒアルロン酸を注入されたクチビルは、大きく腫れ上がり人間にもダメージを与える。 原因とされることは、ヒアルロン酸の硬さとされているが、はっきりとした原因は明かされていない。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「クチビル」は何故か「」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クチビル」の項目を執筆しています。