クッパ帝国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

クッパ帝国(~ていこく)は、一般的にはクッパ帝国と記されるが、「大魔王クッパ帝国」や「クッパの国」が正式名称で、漢字表記は「大空覇帝国」である。首都は「ハイカメ市」。詳細は任天堂マリオシリーズに記載されている。

概要[編集]

1868年[[1月25日(栄伸22年)大クッパ帝国憲法発布から1947年(照招47年)の「クッパ国憲法」発布まで続いた帝国主義国家。 栄伸天皇は「トール」。誇静天皇は「ルドウィッグ」。経良天皇は「クッパ」。平共天皇は「イギー」である。常に他国への侵攻を行っていたが、国際連盟誕生、列強国による不戦条約を結んで以来は、侵攻を行っていなかったが、1939年9月1日から1945年9月2日において起こった第二次世界大戦(マリオ世界)に敗北して以来、民主主義国家「クッパの国」となり侵略はしていない。

地理[編集]

クッパ帝国は主に8つの1910年8月22日に行われたグルメ半島併合によって保有している元グルメ帝国のグルメ半島によって成り立っている。侍国を除き火山が多く、溶岩が流れているが、溶岩の熱を利用した工業も盛んである。侍国では木造物も沢山ある為か、溶岩の代わりに毒の沼が流れている。

島の構成、領土[編集]

  1. 【草流戸】 クッパ帝国の本土一部。クッパ帝国の中では自然が多く、炭鉱による石炭発掘量がクッパ帝国で一番多い。
  2. 【中京州】 クッパ帝国本土の一部。ここは開発が進んでおり、首都のハイカメ市がある。
  3. 【三国】 クッパ帝国本土の一部。ここも自然が多い。
  4. 【共国】 クッパ帝国本土の一部。炭鉱を広げるための工事が盛ん。
  5. 【甲州】 クッパ帝国本土の一部。自然が豊かで暖かい。
  6. 【ビリ湾】 クッパ帝国本土の一部。亀繁戦争にて手に入れた。
  7. 【南棘競】 クッパ帝国の本土の一部。亀氷戦争にて手に入れた。水産資源が豊か。
  8. 【グルメ半島】 クッパ帝国本土の一部。グルメ半島併合により入手。
  9. 【侍国】 クッパ帝国本土の一部。元々は和風な城からなる「侍の国」と呼ばれており、異国の石と溶に溢れた建築様式がいたる所に豪華絢欄な天守閣(クッパ城)が建てられている。

しかし、第二次世界大戦に敗北したことにより、ビリ湾、南棘競、グルメ半島、その他、植民地を失った。

生物・国民[編集]

生物や国民は、から茸(以前は裏切り者だった)、魚、鬼から蜘蛛までさまざまな種がいる。一方で人間はごくわずかで、住むとその街の人気者になるくらいである。

経済[編集]

通貨は「コバン型」。工業発展中の国である。

二大魚。戦闘用とは別に養殖もされている

資源[編集]

鉱山が多いため、鉄鉱石は盛んに取れるが、石油が0.2%しか取れない為、資源のほとんどを「フラーワ合衆国」からの輸入に頼っている。

第一次産業[編集]

農業は、クッパ帝国の土地だと育てるのが困難だといわれているが、国民は慣れているため、ほぼ自給自足である。林業は行われているが、無駄にとっているわけではない。漁業は、南棘競、活島諸島などが水産資源に恵まれているため、盛んに獲られている。魚は主に「プクプク」「ゲッソー」などである。プクプクは毒に注意すればかなり美味しいとの高評価を受け、専任の資格制度まで設けられている。鉱業は、先ほども触れたように鉱山が多いため、結構な量が採掘されている。

第二次産業[編集]

建設業においては飛び抜けた技術レベルだといわれる。世界有数の要塞など、いち早く建てた国でもある。赤い英雄に幾度となく破壊されてきているが、それでも今現在の建設物は8桁以上あると言われており、建設速度も並みならないものがある。

第三次産業[編集]

商業が盛んというわけではないが、緊縮政治により、「亀井」「在友」「高田」「第八」などの財閥がほぼすべての企業を管理している。

貿易[編集]

クッパ国は輸入を盛んにしているが、工業力も決して低いものではないので輸出も行われている。

軍事[編集]

この国の軍事力は、世界でも有数のもので、クッパ帝国も列強国と並んでいる。特に海軍力は物すごいものである。他にも、戦車や高速飛行船も所持している。特に、不戦条約を結ぶ前は、キノコ王国の一部へも攻め込み、占領、誘拐をしていたが、のちに列強国となり、国際連盟(マリオ)までできたため、キノコ王国とも国交を回復させた。

政治[編集]

政治は首都ハイカメ市で行われている。帝国国会議事堂(クッパ城、侍国にあるクッパ城とは別の物)にて行われている。

関連事項[編集]