クビ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

クビとは、日本伝統的儀式日本解雇を行う際に必ず行われる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クビ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

執行者が着用する仮面

一言で言うと「社員の首を切る」ということ。

古くから行われてきた日本独特の儀式であり、その手順は複雑を極める。かつては様々な流派が乱立していたが、江戸時代に、徳川吉宗によって、「クビ」の正確な手順が定められた。これを第一次クビ作法統一という。

その後も、数々の流派が生まれたものの、明治時代になって国定の手順が正確に定められた(第二次クビ作法統一)。以後、戦後の一時期はGHQによって禁止されたものの、日本が自治を回復した後に復活を遂げた。

一般的な儀式の流れ[編集]

ニッポンの伝統文化にあこがれてクビを執り行おうとする外資系企業CEO

ここでは、簡略化した流れを紹介する。

  1. 部長など、それなりの地位に属する者が対象の社員を呼び出す。
  2. 対象となった社員は、若干の抵抗を示しながらも最後には儀式を受け入れる。間違っても裁判など起こしてはいけない。
  3. 執行者(人事部長)は、羽織袴に着替え、切れ味鋭い日本刀を用意する。
  4. 対象の社員、涙ながらに会社に向かって一礼。そしてその瞬間を狙って執行者は社員の首を勢いよく切り落とす。

近年の動向[編集]

近年の不況や、外資系企業の参入によって、クビは積極的に行われるようになった。

特に外資系企業は、日本独特の伝統文化であるクビに興味を示し、積極的にこれを行うことが多い。最近では、日産カルロス・ゴーン氏が、一振りで5000人ほどの首を切り落とし、その腕前は日本中に驚嘆の声を生んだ。

海外では[編集]

Fireの様子

英語圏では、クビの代わりに「FIRE」と呼ばれる儀式を行う(特にアメリカで多く行われる)。ここではそれについて詳述する。

  1. 部長など、それなりの地位に属する者が対象の社員を呼び出す。
  2. 日本とは異なり、社員は全力で抵抗する。場合によっては裁判を起こすことも認められている。
  3. 対象の社員を十字架に縛り付け、祈りを捧げた後に火をつける。
  4. 社員がもがき苦しむ様を社長がワインを飲みながら楽しむ。

関連項目[編集]


この項目「クビ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)