クランベリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クランベリー」の項目を執筆しています。

クランベリー(Cranberry)とは、鶴の好物皇帝陛下である。

概要[編集]

主として北半球の寒帯に生息する常緑低木の一種で、体内を酸性に保たないと枯れてしまう関係上、地に多く見られる。一般的に環境汚染の兆候として忌避される酸性雨も、彼(?)らにとってはまさに恵みの雨であり、体中を喜びに潤しながら、今日も酸っぱい果実を生らしている。

調理[編集]

酸味が強いため生食するのは罰ゲームの時くらいであり、大抵はジャム(orマーマレード)なりソース(クランベリーソース)にするくらいしか使い道がない。たっぷりの砂糖といっしょに煮込んで潰して、そのまま冷やせばジャムに、よく裏漉しすればソースになり、これらは七面鳥の丸焼きによく合い、感謝祭には欠かせない味覚の一つとなっている。……と言われているが、いかんせんどんなに甘くしてもしつこく残る酸っぱさが味を殺してまい、あまり日本人の味覚にはマッチしない、というのが個人的な感想である。

クランベリートラップ[編集]

たんと召し上がれ♪

そんな使い勝手の悪いクランベリーを使った悪戯の一種で、赤くて丸っこくてプリッとした「美味しそう」で「プチトマトに似ている」外観を活かし……お察しの通り大量のプチトマトの中にいくつかクランベリーを放り込んでおくのである。たいてい生食することの多いプチトマトのこと、そのままサラダおやつに使われ……誰に当たるか、お楽しみなのである。

命名[編集]

(Cran)が好んで食べることからそのまま呼ばれている……というのが通説であるが、実際に与えてみるとあまり好んで食べる様子はない。それでは……と、どうしても鶴にこじつけたい一派は「茎や萼、そして弁が鶴の首、頭、嘴に似ているから」とも主張しているが、そんなの大抵の植物に当てはまるであろうため、無意味なたわごととして一蹴されている。

伝承[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャルル・フェルディナン・ダルトワ」の項目を執筆しています。

ベリー公シャルル・フェルディナン・ダルトワがブルボン家によるフランス帝国の再興を目論み、密かに皇帝(Clown)に即位する陰謀を知った職人ルイ・ピエール・ルヴェルが、シャルルを毒殺するのに用いたのがこの苺である。当時新大陸から輸入された珍しい果物であり、強い酸味が毒の匂いを隠すこと、そしてシャルルが新しいもの、流行りのものに目のない性格であったことを利用してこの苺を選んだのであった。かくして毒殺は成功、皇帝への夢破れたベリー公の名を残すため、クラウンベリー(Clown Berry)と呼ばれるようになった。ちなみにフランス語ではL'empereur de baieとなる。

関連項目[編集]