クリスマス島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クリスマス島」の項目を執筆しています。

クリスマス島(Christmas Island)とは日本近辺の海域に存在する伝説の島である。世界に誇る児童研究機関もこの島にあり、多数のサンタクローストナカイ、小人が日夜児童の研究に勤しんでいる。要は児童性愛者の巣窟である。

歴史[編集]

クリスマス島

クリスマス島の歴史は長く、古くから伝説として各地に言い伝えられ、旧約聖書にて書かれているエデンとはクリスマス島のことを指している。

紀元前1225年、生き残ったクロマニョン人北京原人のハーフとして生まれたアニータ・サンタクロースは日本から北に8歩、西に3歩のところに島を発見した。児童性愛者として迫害を受けていたアニータは仲間を呼び寄せ、自分たちの永遠の楽園エデンとしてクリスマス島を建国した。

地理[編集]

クリスマス島の国土は非常に複雑に入り組んでいる。国土面積は温暖化の進み具合、子供の数などに左右される為、毎年12月25日に酋長から発表されることになっている。2007年5月4日現在の国土面積は11.37km²であり、ヴァチカンの3倍弱である。

島の5割を埋め尽くすモミの木には何故かリンゴが実り、貴重な財源となっている。島の中央には世界唯一の国営による児童研究機関が聳え立っている。

国民[編集]

人口12万2500人のうちサンタクロースが53%、小人が47%を占めている。国教は空飛ぶスパゲッティ・モンスター教であり、巷で騒がれているクリスマスキリスト教の文化と言う説は間違いである。ちなみに国民の9割はアメリカにて児童性愛者として逮捕経験を持つ。

我らが将軍様もこの島の出身であり、2006年7月に行われたミサイル発射実験は日本に向けた早めのクリスマスプレゼントだった模様。

関連項目[編集]