クレオパトラフォーチュン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

クレオパトラフォーチュンとは、タイトーが開発した着衣パズルゲームである。

概略[編集]

タイトーがパズルボブルでちょっとした一山を当てたのだが、勢いにのってキャラクターを流用して新シリーズ化が出来そうな新しいパズルゲームを作ることになってしまったようである。 しかしそのころのタイトーには自社開発ゲームで有名なキャラクターはあの怪獣しかいなかったため、選定が難航した。 一時は小夜が候補として上がったが、服装が巫女服だけではインパクトに欠けると却下された。 結局、パトラ子というオリジナルキャラクターを用意した。 そして当初は脱衣ゲームを作る予定だったのだが、PTAから苦情が来たため取りやめとなり、代わりに着衣ゲームにした。

ルール[編集]

もともとは脱衣ゲームにする予定であったため、ルールがクソ難しい。

まず操作体系に関してであるが、これは非常にテトリスに酷似している。よくわからない場合は当該項目を参照してほしい。

岩・棺・宝石・ミイラ、この4種類のブロックがゲームに存在する。このどれか1種類のみを横1列に並べると消すことが出来る。 ぱっと見簡単そうに見えるかもしれないが、これらのブロックが2種類混在してやってくることが普通なのでまず出来ないと思ってほしい。

さすがにこれではどうしようもないので救済措置があり、棺と宝石に関しては岩で取り囲んで蓋をしてやれば消すことが出来る。 ミイラはミイラだけを岩で取り囲んでもつぶすことは出来ないので、棺につめて埋葬するか、宝石を副葬品として丁重に埋葬する。

このように消すためのルールが複雑怪奇であるためクソ難しいのは明らかである。

どうでもいいことだが、全消しを達成するとパトラ子の好感度が上がるのだが、ルールが簡単なテトリスですら全消しを行うのは困難なのに、 ルールがさらに複雑なこのゲームで全消しを行うのは血の涙をわざわざ流すぐらいの苦行である。

登場人物[編集]

1人しかいない。

パトラ子
古代エジプトめいた少女。クレオパトラの娘を自称している。プレイヤーにミイラ処理を押し付けた張本人である。
コスプレが趣味であるが、彼女のコスプレコレクションが見たい場合は彼女の好感度をひたすら上げなければならないが、
ミイラ処理を押し付けるような女子に好かれたくはない人が多数であるのは言うまでもない。

稼動開始後[編集]

クソ難しいゲームのはずであるが、稼動開始からわずか2ヶ月ほどで彼女のコスプレコレクションが披露される前に満足してしまったプレイヤーが続出した。

その中にTASさんやAAAさんも含まれているが、それ以外の人も多数いる。

パズルゲームの達人は開発者の思惑のはるか上を行ってしまっていたようである。

このような短期間でプレイ人口が減ってしまい赤字となってしまった。出演していたパトラ子にも不振の責任を取らされ、別の仕事をタダ同然の出演料でやらされることになった。

関連項目[編集]

  • ジュエリーマスター(テトリスを作っていることで有名なアリカがクレオパトラフォーチュンのシステムのほとんどをパクって作ったゲーム)


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「クレオパトラフォーチュン」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)