トヨタ・クレスタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
クレスタから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・クレスタ」の項目を執筆しています。
「ルルル~~美しい~~ワシのクレスタあ~~~~♬フンフン~~ルルルルルルルル~~~~~~~~パールホワイトマイカクレスタルルル~~~」
クレスタ について、内山田教頭

クレスタ(Cresta)とは、トヨタ自動車がかつて開発していたハイソカーである。ようは車だ。一部のテイルズ作品にも出てくることはオタクの間で有名。

概要[編集]

乗ってるのは大抵こう言う人。

初代は姉妹車と同じ4ドアピラードハードトップとして登場し、ボディやエンジンは上記の2車と共通している。2代目以降は、マー クIIとチェイサーがピラードハードトップだったのに対し、セダンとして発売されていた(3代目の80系以降プレスドアを採用)。

また、他の姉妹車同様ターボエンジン搭載車に5速MTが設定されているものの、X100系の同系列にあたるルラーンGでは前期、後期ともにATのみの設定となった。そのためX100系のルラーンGではATからMTへ載せ替えられた車両がまれに見かけられる。グレード名はラグジュアリーグレードが「スーパールーセント」(Super Lucent )、「エクシード」(Exceed )、スポーティーグレードは50・60系が「スーパーツーリング」(Super Touring )、70・80系は「GT」、90系は「ツアラー」(TOURER )、最終モデルの100系は「ルラーン」(Roulant )と何度も変更された。

GX70系からGX80(JZX80)系は、ハイソカーブームでマークIIとともに女性からも人気だったが、クレスタは初代ソアラとともに暴走族に好まれた。FRハイパワーターボということでJZX81系以降は特にドリ車として現在でもチューニングカー愛好者に人気が高い。

取扱店はビスタ店だったが、沖縄県にはビスタ店がなかったため沖縄トヨタにて取り扱っていた。

歴史[編集]

初代(X50/60系 1980年-1984年)[編集]

1980年4月に登場。同時に新設されたトヨタビスタ店の最上級車種であった。角目4灯ヘッドライトやスクエア・カットのテールライトを持ち、当時としてはスタイリッシュな4ドアピラードハードトップとして登場した。マークII/チェイサーの実質的な姉妹車ではあったが、クレスタはドアパネルを共用するのみで、他の姉妹車よりも高級なイメージを持っていた。半年後の同年10月にマークII/チェイサーも初代クレスタに追従するフルモデルチェンジを受け、マークII3兄弟が誕生することになる。

エンジンは従来のM系に代わる新開発の2,000cc直列6気筒1G-EU型(SOHC12バルブ)を初めて搭載した[1]。グレード名は、6気筒エンジン搭載最上位グレードは後年までクレスタを代表するグレード名となった「スーパールーセント 」(Super Lucent )、6気筒エンジン搭載スポーティーグレードが「スーパーツーリング」(Super Touring )、6気筒エンジン搭載普及グレードが「スーパーデラックス」(Super Deluxe )、4気筒エンジン搭載上位グレードが「スーパーカスタム」(Super Custom )、4気筒エンジン搭載普及グレードが「カスタム」(Custom )であった(4気筒エンジンは全て1,800ccの13T-U型OHV)。

上級グレードに設定されたイメージカラーのツートーンカラーが絶大な人気を得て若い世代の高級車指向を一気に推し進める結果となった。

1981年10月 - 2,000ccSOHCターボ(M-TEU型)搭載車を発売。マニュアルトランスミッションとの相性が悪かったために、オートマチックのみの設定であった。 1982年8月 - マイナーチェンジ。角目4灯のヘッドライトはフォグランプ内蔵の異型2灯に変更。これに伴い2,000cc・1G-GEU型エンジン(160PSツインカム24)搭載車を追加。同時に1,800ccの4気筒エンジンがこれまでの13T-U型から小型・軽量設計の1S-U型SOHCエンジンに差し替えとなる。同時にAT車には足踏み式パーキングブレーキを採用(初代前期と4・5代目のスポーツグレードはAT車でもセンターレバー式パーキングブレーキ)。 1983年2月 - 1G-GEU型エンジン搭載車に電子制御オートマチック(ECT)を設定。 8月 - 2,200cc4気筒L型SOHCディーゼルエンジン搭載車追加。

2代目(X70系 1984年-1988年)[編集]

1984年8月に登場。この代からサッシュドアを採用したセダンとなった。6ライトウインドウを採用している姉妹車のマークIIセダンとは対照的に、クレスタは4ライトの端正なスタイルを持つ。角型4灯ヘッドライトやスクエア・カットのテールライトなど先代から受け継がれたスマートなイメージを残しつつ、より豪華な内外装となった。姉妹車であるマークIIとともにハイソカーブームに乗り、当のトヨタが驚くほど先代以上に大ヒットを記録している。中古車市場では同年式のマークIIよりも高い値で売られていたこともあった。

米国で販売されていたMX73系クレシダ(マークIIセダンの輸出仕様)のフロントマスクは、GX71系クレスタのフロントマスクに角型2灯ヘッドライトを組み合わせたものだった。

1985年4月 - スーパーカスタム/スーパーDXにカラードバンパーを装備すると同時に特別限定車の「エクシード」を発売(以後クレスタの特別仕様車として度々発売される)。 10月 - マークII/チェイサーとともにツインカムツインターボエンジン(1G-GTE)搭載の「GTツインターボ」(GT TWINTURBO)が追加される。これと入れ替わりにSOHCターボエンジン(M-TEU)車は廃止。また同時に電動格納ドアミラーを上級グレードに装備。 1986年8月 - マイナーチェンジ。外装の変更と装備の充実が図られた。ヘッドランプは一体型の異型4灯化されフロントバンパーにフォグランプが内蔵される。

3代目(X80系 1988年-1992年)[編集]

  • 1988年8月登場。4輪暴走族の最後の残党には愛された。あのイカれた最上級グレードにさらに「スーパールーセントG (Super Lucent G) 」 が追加。しかしこの頃からセダン人気が下がってくるのでこれ以降売れなくなっていく。2008年現在では発売開始から20年を迎え、車体とワンオーナーの年代が高くなってクレイジーになりつつあるがこれはクレスタのポリシーなので気にしない。

ゴージャスな自動車教習所教習車でもマークIIセダン/チェイサーと併せて多く投入されていた。しかし廃車間際には「クレスタ」のロゴが「テイルズの町」にされた固体が非常に多かった。でも教習車がクレスタって・・・。いいなぁクレスタ。

  • 1990年8月 マイナーチェンジ。フロントグリル・テールランプ・ホイールのデザインがクレイジーに変更され、マイナーな3ナンバー仕様はバンパーが大型化される。これはクレイジードライブに対応するためである。そして、影の薄いGTツインターボはオナラターボ化で280馬力にパワーアップしたとかしなかったとか。しかし、暴走族が調子に乗るからやめろと散々国土交通省が言ったのにトヨタが聞かなかったのは言うまでも無い。 

初代から影も薄く設定があった教習車仕様はこの代で廃止。以後はマークIIセダン(安っぽい)の教習車を細々と作っていたが、1996年1月にはコンフォート(もっと安っぽい)にして潰した。

4代目(X90系 1992年-1996年)[編集]

特別仕様車・ハルヒスペシャル
  • 1992年10月登場。姉妹車のマークII・チェイサーともども、車体が3ナンバーサイズに大型化し、あの素晴らしいデザインの元バカ売れしたモデルである。チェイサーとの見分け方はロゴ付近である。
  • スポーティーグレードは「GTツインターボ」から「ツアラー(TOURER)」に変更された。理由は「ソアラセダン」だから。ソアラじゃねぇよこんなの。同じくリアラーというのもあった気がするがどうだったかな。忘れちゃったゼ。え?カイルーとかロニーとかあったかって?どうだったかな。覚えていねーよ。
  • 1993年10月 スピンすると好評だったFR駆動の他に、スピンしなくて速い4WDモデルの「 スーパールーセントG Four (Super Lucent G Four) 」と「「 スーパールーセント Four (Super Lucent  Four) 」が追加されたがオートマのみだったので走り屋には不評だった。もちろん、必殺技・ミッションチェンジを使いまくったのは言うまでも無い。

DQNのドレスアップカーでまれに見かけるがドレスアップにはマークllが多用され、クレスタのそれは見かけない。つまり、写真にあるようにクレスタは「カッコよく」ではなく「オレ流に」いじれ、ということである。グランツーリスモシリーズにも出ないところを見るとそうらしい。クレスタすこしかっこ悪くなったしね・・。

5代目(X100系 1996年-2001年)[編集]

5代目クレスタ
  • 1996年9月 モデルチェンジ。ツアラーシリーズが「ルラーン (Roulant) 」に名称変更され、全車オートマに。もちろん、一部の走り屋はマニュアルにしたが、別にいいじゃねぇかよ。そんなにドリフトしてぇのかよ。でも、必殺技・ミッションチェンジを使いまくったのは言うまでも無い。

酷いのはそれからである。それまでクレスタを代表する世界一イカれた名前である上級グレード名であったスーパールーセントがお安い版になった。言うまでも無くこれがクレスタがなくなった理由である。上級グレードはあのスズキ・エスクードのパクリである超絶オフロード・セダン、「エクシード (Exceed) 」が採用された。スタイリングは先代以上にオヤジ臭くなり、女子高生に聞く「彼氏の車だったらそれを理由にフる車ランキング」で堂々の上位に食い込んだ。しかし、ルラーンGはツアラーVにはないシブさがあるという昭和臭い若者もいる。テイルズオタクだ。オヤジ臭さがあいまってマークII・チェイサーより屋根が20センチ高く、移住性は一応よいものになっている。セダンなんだしそれが普通だろって?そんなの突っ込むところではないのだよ。

てか、CMに出ていたのが内山田教頭なんだからクレスタがオヤジ車なんだってことぐらい察せよな。


  • 2001年7月に大して残存量が無いチェイサーとともに生産終了した。マークIIはしばらく売っていたがいずれなくなった。悲しい話だが、ライバル車種のローレルもなくなったのを見るとこの頃がセダンの終焉だったといえる。

車名の由来[編集]

「クレスタ」という名前は言うまでも無く「クレイジースター(狂った星)」の略である。スペイン語で「西洋の紋章の頂に輝く飾り」と言う意味があるそうだがたぶん後付けである。絶対クレイジースターの略だって。

キャッチコピー[編集]

一応、高級車らしいのでたくさんくどいのが存在する。くどいだけである。

  • トヨタの最高級パーソナルセダン

クラウンはどうしたんだと突っ込まれたのは言うまでも無い。そしてこの頃少しクラウンの売り上げが減った。セドリックが売れたという利点もあったが。

  • クレスタ、なんと私的なクルマだ。」「The Exclusive Car

クレスタがあなた的ではなくあなたがクレスタ的なのです。英語は分からん。たぶん格好付けである。

  • 男は、最高のものを独占したい。

クレスタが最高のものかどうかは不明。しかしこのキャッチフレーズのせいでかわいい女の子の基準が改定されたという事実は見逃せない。

  • クレスタの新しい挑発が始まる。

つまり、ライバル車種であるローレルとかレパードにケンカを売っている、ということである。この頃はセリカでもスカイラインを挑発していたので日産党には腹だだしい限りだった。

  • 私の場合、クレスタでなければならない。」「心の貴族

これはクレスタ依存症患者の一例だと世界保健機関から物議の声が上がった一作である。心の貴族って・・・。一体何よ。三千院ナギのことか。この釘宮病患者め。

  • 優れて私的なできごと、クレスタ。

私の内輪ネタである。それも公共電波で。自重しろ。

  • プレステージサルーンは、あたらしい完成度へ。」「大人として、クレスタに乗ろう。

ガキはクレスタではなくマークIIに乗っていろ、という事である。ひどいキャッチフレーズとして日産等からクレームがきた。

  • 私のクレスタ」「高い意思をもったセダン

高い意思を持ち、サーキットではスピンを連発する悲惨な私のクレスタ、というトヨタの悲惨な叫びを見事なまでに再現したキャッチフレーズ。でも、クレスタはかっこ悪い。

  • クレスタにはルーティさんが待っている

厳しい旅にも、悲しい旅にもクレスタには素晴らしいものがある。簡単に言うとうっせぇよの一言である。テイルズオブデスティニー2からの引用。

関連項目[編集]

4370 large.jpg この「トヨタ・クレスタ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)