クレセリア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クレセリア」の項目を執筆しています。

クレセリアとは、なんだかよくわからないものの一種である。

概要[編集]

防御・特防さらにHPが非常に高い。彼女の実力は世の中に遍く知れ渡っており、一度その名を耳にした人は恐怖で震え上がる。彼女が本気になれば、例え生物兵器を用いた攻撃であろうとも、彼女の身体に傷を付ける事は出来ないだろう。しかし、彼女は極度のチキンハートの持ち主であり、常に他人との接触を恐れて逃げ回る。彼女の閉ざされた心を開かせるためには、精一杯の誠意と愛情か、もしくはメタモンバリヤードマスターボールが必要になるであろう。

交友関係[編集]

彼女には、ダークライという友人がいる。ダークライが人を襲うことに日夜精を出すおかげで、彼女も安定した職を得ているのである(その需要と供給の顕著な例はミオシティなどで見ることが出来る)。

ただし、このページを御覧頂いている聡明な諸氏にはお判りのことと思うが、ダークライは自らの労働を自発的に行うことが出来るのに対し、彼女はダークライが人を襲わないことには何もすることが出来ない。一見微妙なバランスの上に成り立っていると思われる両者の関係だが、その実イニシアチブはダークライが握っているのである。

ゲームでのクレセリア[編集]

ストーリー上では、ミオシティで悪夢にうなされる少年を助けるため、満月島に住むクセレリアからみかづきのはねを入手し、少年に渡す必要があるが、アイテムコンプリートのために敢えて少年にみかづきのはねを渡さずに取っておいているプレイヤーが続出し、彼らのカートリッジ内では永遠に少年が悪夢にうなされ続けるという現象が発生し、社会問題となった。この事態を重く受けた任天堂は、公式ページで「ちゃんと少年に三日月の羽を渡してください」という異例のコメントを発表した。

コメント発表後も三日月の羽を少年に渡さないままゲームを進め、少年を目覚めさせないという非道なプレイヤーが存在していたが、各所で行われたポケモン配布などのイベントで任天堂側がプレイヤーのカートリッジを極秘でチェックし、三日月の羽を少年に渡していないプレイヤーにはポケモンやアイテムを配布しないという措置を取った。また、2007年に行われた「ポケモンパルシティ」では、再三の警告に従わなかったプレイヤーに対し大規模な制裁措置をとり、場外退去14人・カートリッジ没収35人・任天堂関連の商品購入永久禁止26人・逮捕587人という処分者が出た。

この措置に反発した約357万人のファンが「自由にゲームをやらせろ」との主張を掲げ任天堂本社前で大規模なデモを行ったが、これに対して任天堂の警備員が事前の警告無しに機関銃を344回にわたってデモ隊に向けて乱射し、約413万人のファンが死傷する事態となった。また任天堂のこのような一連の態度に悲観したファンが日本全国で相次いで自殺し、その数は約1人にのぼった。(100人で残りは食べすぎを苦にしたもの)

関連項目[編集]