クロノスの悲劇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「クロノスの悲劇」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

クロノスの悲劇(くろのすのひげき)とは、マツダにおける終末の日のことである。

概要[編集]

日本がイケイケムードだった時の頃、某広告代理店はマツダに対し、ある壮大な野望を抱いていた。


「いつかマツダをトヨタ日産と互角に戦わせると同時に、マツダを弱いメーカーにさせてやる!!!」


そこでマツダは、「質より量」だと言わんばかりに「今までのマツダ」を投げ捨てるかのごとく、車種の数を増やすどころか自ら会社を4社も作ってしまう暴挙に出させられたのである。

壮大なる車種バリエーション[編集]

当時のマツダは「クロノス兄弟」を始め、多彩な車種バリエーションを誇っていた。ここではその一部を紹介していただこう。

マツダ[編集]

マツダ・センティア(初代)
ルーチェの後を継いだマツダの最高級車。こいつが出たせいでユーノスの一員となった、シトロエンの某車の名前に余計なものをつけざるを得なかったという。
マツダ・センティア(2代目)
ハードウェアは初代からの流用である、質感を高くできなかった、等と、初代から一気にコストダウンされたが、俳優ショーン・コネリーをイメージしてデザインされたという。当世代でルーチェから続いた、マツダの高級FRセダンが途絶した事は、余計なときに役に立つ知識である。
マツダ・クロノス
いわゆる「クロノス兄弟」の基本型である。カペラのポジションを引き継いだこの車は、高級感を全面的に打ち出し、V6エンジンを積んだ幅の広いセダンとし、どっかの欧州車を彷彿とさせるその出来栄えから「クラスをこえた内容」と評価された。ちなみに今でも似たようなものが売られているらしいが気のせいだ。
マツダ・ファミリア(7代目)
この頃のファミリアは5ドアセダンも存在していた。また、WRCでは「偉大なる雪の女王」として活躍した。その実力は少なくともWRC用で開発された全然曲がらない超悪質ラリーモデルよりは上だと思う。ちなみにWRCで鍛えられたこれらの技術は後継車種にも受け継がれている。
マツダ・ファミリア(8代目)
この世代のファミリアは、NEOという、某ハイブリッドカー某ハイブリッドカー等と似たリアを持つハッチバックがあった。一方、セダンは初代ルノー・ラグナと同じデザイナーを採用したせいで、初代ラグナのパクリと勘違いされがちになった。
マツダ・MX-6
「クロノス兄弟」の一台でクロノスのスペシャルティカー版。一応先代にも似たようなものがあったが忘れた。まぁ、少なくとも先代よりは相当上級移行しているのは明らかである。
マツダ・カペラカーゴ
クロノス登場後も続投した唯一のカペラ戦士。バンとワゴンがある。
ユーノス・800
センティアのひとつ下のポジションにある高級車。この車が量産車で初めて搭載されたエンジンは実は某ハイブリッドカーにも採用されているのは意外と知られていない。こいつも「10年色あせない価値を持つクルマ」というコンセプトを元に作られた車なのだが本当にその目標を達成してしまった。名前の変更等はあったけど。 ちなみに本当は別の会社で出したかったらしいがその計画自体が検閲により削除されたため、やむをえずこの会社で売ることになったらしい。ユーノスブランドだがマツダ店でも並行して販売されていたため、当ページではマツダブランドと扱ってある。
マツダ・ランティス
プリメーラ対抗車。そいでもってファミリアアスティナの後継である5ドアクーペと、ファミリアと曖昧になっても仕方ない4ドアセダンが存在する。CMソングには荒木真樹彦の「LANTIS -誘惑の未来-」が起用された、とてもかっこいい車。なお、当車が1996年度の新衝突安全基準に合格した第1号車なのはよく覚えておきたい。
マツダ・カペラ(6代目)
「クロノス兄弟」の一台だが、クロノス兄弟の馬鹿馬鹿しい販売不調により、急遽カペラの名を復活させたながらも、その正体は、日本国内専用の質素でショボいセダン。これこそ詐欺車」だね。
マツダ・ボンゴフレンディ
ボンゴベースに、乗用車用の車体を付けた、スライドドアのミニバン。屋根の開閉式テント「オートフリートップ」装着車が人気になったようで、現在でも案外高い値がついてある。

アンフィニ[編集]

アンフィニRX-7
もはやマツダ車の中でもスポーツカーの中でも別格の存在である。
アンフィニ・MS-6
「クロノス兄弟」の一台でクロノスの5ドアセダン版。このモデルは、若干の上級志向も加えられ、いっそう欧州車みたいな雰囲気が漂っていた。やはり今でも似たようなものが売られているらしいがどうでもいい。
アンフィニ・MS-8
「クロノス兄弟」の一台だがこっちはマークⅡと同じ車格である。この車の最大の特徴は操作性抜群なシフトレバーとすごぶる開放感をもたらすソファ風座席である。ちなみに「クロノス兄弟」の中では最も長生きしたモデルである。
アンフィニ・MS-9
センティアの柄変え版。何かあまりにも似すぎて見分けがつかない。
アンフィニMPV
元々マツダで売られていた車なのに、登場から間もなくアンフィニで売られることになったミニバン。車名がいかにも「名は体を現す」っていう感じが何とも言えないのだが。
マツダ・ファミリア(7代目)
マツダ・ファミリア(8代目)
マツダ・カペラカーゴ
マツダ・カペラ(6代目)
マツダ・ペルソナ
マツダ・ボンゴ
マツダ・センティア(初代、1994年製造分より)
マツダ・センティア(2代目)
マツダ・ランティス
マツダ・ボンゴフレンディ

ユーノス[編集]

ユーノスロードスター
世界中に「走る楽しさ」を再認識させた素晴らしい車である。しかし、この車の成功が会社としての失敗につながってしまう。
ユーノスコスモ
世界初のロリ3つ搭載で、かつカーナビ付きはこいつの専売特許なのだが、そのせいで日本一の大食いになった。しかしながらその大食いに恥じない加速力を見せつけ、日産・シーマもかくやのリヤを沈めた加速姿勢は、後部座席からはもはや空しか見えない有様だった。ちなみにこのカーナビGPSの補足精度が甘いために、新車試乗会が行われた芦ノ湖湖畔を走行時には自車の位置は湖の中に表示され、評論家連中の失笑を買った。
ユーノス・100
要するにアスティナの柄変え版。見た目は正直言って見分けがつかない。しかしこっちはアスティナより格上にする為の工夫がなされている(といってもごく少数だが)。累計生産台数4桁というレアさ。
ユーノス・300
ペルソナの柄変え版。ペルソナよりスポーティな味付けにしたつもりらしいがやはり正直言って見ただけじゃ分からない。
ユーノス・500
「クロノス兄弟」の一台だが唯一の細身である。こいつは「10年色あせない価値を持つクルマ(本当はそれ以上の価値は持っているけど)」というコンセプトを元に作られた車なので、相当高品質な車である。特にデザインに関してはあのジウジアーロおじさんも絶賛した位だ。
ユーノス・プレッソ
世界最小のV6クーペはこの車の専売特許である。ちなみに車体はかつて「偉大なる雪の女王」と呼ばれた車とほぼ同じなので、その心臓を移植することが出来るとか出来ないとか。
ユーノス・カーゴ
ボンゴの柄変え版。正直言ってユーノス・100よりベース車両との見分けがしづらい。
マツダ・ランティス
マツダ・ボンゴフレンディ
シトロエンの皆さん

オートザム[編集]

オートザム・クレフ
「クロノス兄弟」の一台だが、
  • 普通の車ならヒゲを開けるべきなのにこっちはヒゲなど一切開いていない
  • しかもあれあれを彷彿とさせる顔をしていた
  • チビばっかり売っているところで売るという仕様
  • おまけに登場時期もバブルが崩壊した年の次の年と非常に悪かった
  • これらのおかげで「最初から月2桁以下」というある意味すごい記録を達成
……というあまりにもあれな仕様から、車ヲタからは日本一の珍車とされている。
オートザム・AZ-3
ユーノスプレッソのお友達。
オートザム・AZ-1
おそらく世界最小のスーパーカー(笑)であろう。
オートザム・レビュー
オートザムで売られていた、フォード・フェスティバベースの滅茶苦茶小さいセダン。やたらとスイーツ(笑)狙いな気もするがほっとけ。ちなみにここからあの救世主が生まれたことも忘れてはならない。欧州ではシトロエン2CVの再来とされ高評価だった。小泉今日子がCMに出ればヒット確実と言われた時代に、同氏を押し出しながら大コケした伝説の迷車。
オートザム・キャロルルシエ(2代目)
日本が異常な成長をしていた頃に売られていたものを復活させた。某社のあれを彷彿させるその愛らしい姿はオンナのハートを射止めるほどのヒットモデルとなった。
オートザム・キャロル・ルシエ(3代目)
新型では、当時超先進装備だったエアバッグが全車標準だったという装備の充実感だったが、AZ-ワゴンに客が流れていったせいで、先代ほどのヒットを得る事が出来なかった。ちなみにお尻心臓などは先代からの流用。
マツダ・スクラム
初代モデル登場からわずか2年後でF1マシンと同じ駆動方式になったが誰も気にしていなかった
ランチアの皆さん

オートラマ[編集]

フォード・フェスティバ(初代)
日本のフォード市場をマツダに一時期、支配させた元凶。あのトールワゴン「ほぼ丸ごと」パクった、この車のパッケージングは、日本のおバカさん達の心を洗脳することに成功した。キャンパストップなんて今出したら絶対受けないだろう。韓国市場では現地生産車が存在したがどうでもいい。
フォード・フェスティバ(2代目)
初代より打って変わって、丸みのあるデザインになったが、これが原因で売れなくなった。後継車両が登場した後も、しばらく継続生産していた。やはりのように韓国での現地生産車が存在した。
フォード・プローブ(2代目)
「クロノス兄弟」の一台だが、唯一のアメリカ製。未来の戦闘マシンのようにペチャンコでかっこいい、そいでもって4人乗れる、「クロノス兄弟」らしい事に品質が高く、超画期的なクーペ。しかし、オートラマに来る客は大抵、同じクロノス兄弟の一台であるテルスターか、売れ筋のフェスティバかにだけしか興味が無かった為か、日本では全然売れなかった。
フォード・テルスター(3代目)
「クロノス兄弟」の一台であり、クロノス派生のセダン。内外装の差別を行ったが誰も気にしなかった
フォード・テルスターTX5(3代目)
「クロノス兄弟」の一台。3代目テルスターの5ドアバージョン、アンフィニMS-6派生車。
フォード・テルスターⅡ
「クロノス兄弟」の一台。6代目カペラの派生車両であり、3代目テルスターの後継車両。じゃあ何で「Ⅱ」付いてるの??
フォード・レーザー(3代目)
7代目ファミリアの派生車だが、アスティナベースのが無かった。そんな事は誰も気にしなかった
フォード・レーザー(4代目)
8代目ファミリアの派生車。特に、NEOベースのハッチバックがかっこいい。
フォード・フリーダ
ボンゴフレンディのバッジ替え版。こちらもオートフリートップが人気となった。尚、ホンダのミニバンではない。そんなルーフが水平で無い奴にオートフリートップなど装着できない。

異業種企業との関係[編集]

当時のマツダは、色んな異業種企業を販売網に入れていた。その例を一部紹介しよう。

ユーノス[編集]

オートザム[編集]

オートラマ[編集]

参加すべきだったのに参加しなかった企業[編集]

  • デオデオ - 広島に本社を置いていた家電屋企業。
  • コンパイル - 同じく広島を拠点としていた、ゲームメーカー。落ちモノパズル「ぷよぷよ」が有名で、マツダ本社を見学した人は、必ずのように、ぷよぷよの饅頭、「ぷよまん」を買っていたとされる。
  • などなど

マツダの黙示録[編集]

しかし、あまりにも高級車に偏った車種展開意味不明な車名が多すぎること、そして日本中がどん底に落ち込んだので、多くの車がコケてしまったのである。特にクロノス兄弟に至っては兄弟全体でも月1万台未満という情けない結果に終わるほどだった。

マツダは必死にプリメーラのライバル車を出したり、主力車種をヘンにいじってみたりなどしたが、やはり状況は好転せず、ついに肝心の軽自動車までもがコケてしまうという前代未聞の危機に陥ってしまうのであった。おまけにこの時のマツダはフォードに完全に支配されちゃったんだからたまったもんじゃない。


そしてこの危機はある救世主2人組によって食い止められ、ようやくマツダは一命をとりとめたが、その後ろに「クロノス兄弟」の姿はなかった。彼等はきっと最後の審判の時に火の池に落とされたのだろう。

関連項目[編集]

この項目「クロノスの悲劇」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)