クロルプロマジン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
董卓影武者.JPG

クロルプロマジンとは、畜産業で用いられる薬剤の一種。主に獣医家畜に投与している。

概要[編集]

乳を出さなくなったは廃用牛と呼ばれ、廃用動物として処理される。 哺乳網霊長目ヒト科の動物も、生産能力が失われると特別老人飼育農場といった施設に収容される。 また「ぼぼっくはなっっか飲んでぇぇないゥィッキー」と、アルコールに人生を捧げた人も檻の中に収容される。

こういったヒト科の廃用動物である「ボケ老人」や「人間辞めちゃった人たち」は一見してヒトの原形を留めていないが、運動能力までは失われていないため、農場主はその行動に頭を悩ませている。 そういった場合、獣医がそれらの動物にこれらの薬剤を投与することで、家畜は温厚穏便になり農場主も安全簡単に飼育が可能となる。

社畜への投与[編集]

日本の主な都市では、大規模化な社畜の牧畜業が盛んに行われている。しかし日本の牧場は面積が狭く地代が高いため、家畜は狭いビル内で押し込まれるように飼育され、十分な運動も与えられていない。 狭い養鶏場でブロイラー状に飼育すればストレスで体調を崩す個体も発生するわけで、それは家畜の「営業スマイル喪失」といった変化に現れる。市場ではこの状態の家畜は低く値付けされ、悪化した場合は養鶏場から逃走したり変死することが多い。

これらの生産性の悪化を防ぐため、養鶏場と契約した獣医(産業医の一種)が飼料にこの薬剤を添付する。 牧場主も薬剤を添付することでエサのコストを低く抑えることができるためえびす顔である。

しかしこのような飼育方法は海外では「日本産の家畜は薬漬けで食えたものじゃない。つーか単なる気分障害に処方するなよ」と非難されており、最近になって厚生労働省が「家畜に3剤以上の化学飼料を与えるな」と言い出して薬剤添付を規制し始めた。しかし日本の獣医・畜産業界はこれに反発している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クロルプロマジン」の項目を執筆しています。
この項目「クロルプロマジン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)