グラフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
グラフ
Ja pagestatic.png
分類
: 動物界 Zoo
: 環形動物門 Set sok animal park
: 貧毛綱 Oligochaeta
学名
Oligochaeta graphica
和名
グラフ
英名
Graph

グラフ(英:Graph)とは環形動物貧毛綱に属する動物。よく資料や電子機器の画面に張り付いているミミズのような生き物のことである。その大半の一生は不遇で薄幸である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グラフ」の項目を執筆しています。

特徴と生態[編集]

グラフは主に東アジア(本州以南の日本列島、朝鮮半島南部、台湾中国沿岸のの温帯林の地中に暮らしている環形動物。体長は約50mm。体幅は約1.5-2mmの小型種。体色は基本的に黒っぽい茶色が多く、鳥などの捕食者に襲われないように擬態している。好奇心が強く穏やかな性格である。主食は地上枯れ葉や枯木。深くて地中70cmほどまでの複雑な巣穴を作り集団生活をしていて、一つの巣穴につき数十匹程暮らしている。雌雄の区別はなく単為生殖。更に巣穴内における地位の違いなども存在しないと言われている。野生の個体の皮膚の伸縮性は抜群で最大体長の1.2倍まで引き延ばすことができる。乾燥するとそのまま硬直し、形状が維持される。その皮膚で様々な製品が製造される。

日本では高度経済成長期ごろ、朝鮮半島と中国は現在進行形で森林開発とその強靭で伸縮自在な皮膚を得るための乱獲によって生息数が激減。現在は日本列島では一部の国立公園を覗いて姿は見られなくなっていた。なお現在地上にいるグラフの数の99.5%以上は家畜グラフと言われており、先進国と生産国との間での億t単位の取引は当たり前である。家畜グラフの強靭性と伸縮性は品種改良によって日を追うごとに増していっている。野生の皮膚とは比べ物にならないので森の中を歩いてグラフをわざわざ捕獲しようとするものはいない。

用途[編集]

グラフで作られた折れ線グラフ
可哀相なグラフ

グラフの特徴の一つである伸縮自在な皮膚を生かして製造される製品をこの項目で紹介する。死ぬと皮膚の伸縮性が失われるので基本的に加工は生きたまま行われる。専用の注射器で染料を注入すると染色できる。

製造されたものはコピー機やPCなどに随時補充されていく。

折れ線グラフ
グラフを可能な限り縦に細長く引き延ばして強引に折り曲げてつくる。長さが足りないときはホッチキスで一方の部と他方の部をつなげる。まるでムカデ人間ならぬムカデミミズである。
棒グラフ・ヒストグラム
必要な長さだけ横と縦に引き延ばしてつくる。グラフの苦痛は比較的大きいとされる。
箱ひげ図
棒グラフ2匹と細長く引き伸ばしたグラフを4匹使う。接合部分はホッチキスで止める。
関数のグラフ
特に精密な変形が必要とされるので専ら機械で行われる。
散布図
グラフを皮膚を剥いで細かく切断したものを使用して製造される。剥いだ後即死させずにそのままごみばこに捨てられるので耐えがたい苦痛を生じる。
円グラフ
グラフを扇形に引き延ばして作る。パーセンテージが大きいほど強い痛みを感じる。
帯グラフ
棒グラフを縦につなげて作る。接合部分はのりで貼り付ける。
3Dグラフ
平面のようなグラフである。グラフの体は円筒形にも関わらず強引に平面上に伸ばすためこの中で最もグラフが痛みを感じるものとされている。
ハイサーグラフ
輪状のグラフ。一匹のグラフの頭と尾を両面テープで貼付して作成する。

関連項目[編集]


この項目「グラフ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)