グリーフケア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「グリーフケア」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

グリーフケアは、患者以外を主な対象とした医療行為である。

語源[編集]

公開されている情報としては、絶望のあまり道を誤った先輩を、後輩がぶち殺した時に生じるグリーフシードに由来するとされる。

このグリーフシードを後輩に分配する遺産相続や、後処理を行うことをまとめてグリーフケアと呼ぶ。最終的には病院の裏口に全員整列して、黒いワゴンタクシーで遺族と一緒にお持ち帰りいただく。

エンジョーケア(英:Angel Care)と呼ばれることもある。最近は韓国製品を愛用しすぎた企業や団体に、マジカル火炎瓶やマジカルゲバ棒を持って突撃するのが流行りである。

主な手順[編集]

病床が個室でない場合は個室に移動させる。体のあちこちに付着した粘液やら魔女の残骸やらXXXXXXXを清拭除去する。

コンピューターやメカがたくさん繋がっていたコンピュータおばあちゃんやおじいちゃんの場合は、全部周辺機器を外して、見た目では機械の体がない状態に復元する。体にあいている穴は、生まれつきある穴もあとからあいた穴も全部ガーゼや綿球で塞ぐこと。

使ったグリーフシードは経代培養と保存のため培養液と共にシャーレに入れてインキュベーターに放り込む。

かわいグロいでは済まされないほどバラバラになった肉片や首なし死体は、とりあえず人型に整形する。なお、死体が魔女に食われ済みなどの理由で存在しない場合は、骨壺で渡され、中には遺髪や戦地の石などが入っていることがある。

布団やマットを交換する。あんがい、顔を隠す布を忘れている例が少なくないので注意すること。

片付けが終わったら遺族を個室に呼び入れる。落ち込んでいる周りの人たちに、願い事がないかどうか営業トークかましておくことも忘れないこと。明らかに喧嘩腰であら探しに必死な遺族と市会議員や弁護士のセットがいる場合は、医事課に電話しとくこと。

眠そうな目をこすっている主治医や当直医から、黒枠のついた書類をもらい、恥ずかしい間違いがないことを確認する。葬儀社の電話番号や死亡届の出し方などが書かれた説明紙と一緒に渡す。見つからない? そこの「引導」って書いてある引き出しの中だ。

注意事項[編集]

たまに黒いやつがリセットボタンを押そうとするが、とりあえず放っておいていい。そのほうがエネルギー回収効率が高い。しかし病院内では爆弾のリモコンなど電波を発する機器を使わせないように。

赤いやつは病室内や待合室、霊安室でもかまわず飲食しているので、病院内飲食禁止だと伝えること。というか、死体を常温保存したらどうなるか説明すること。

青いやつは何をやっても勝手に爆発する。「リア充爆発しろ」と願い事に入れたのが原因だが、そのままにしとくのが世のため人のため

桃色のやつはチート使っている。詳細はフィギュアスケーターあたりを参照。

考察[編集]

実際、グリーフシードができるのは、先輩が絶望で爆発した時点であり、決して後輩にぶち殺された直後ではないことがわかっている。

例えば、シャルロッテが出現する際は、孵化前のまま病院の壁にグリーフシードがぶっ刺さっていた。もしQBがこの時点でグリーフシードをむしゃむしゃしてやっていれば、巴マミは頭をむしゃむしゃされていなかったはずであるが、グロシーンを公共の電波にたれ流せなくなるという大人の事情から放置されている。

なおQBは、この件について、むしゃむしゃしてやらなかった、感情がないから反省していない、君たち人間の行動は理解できないよ、と述べている。

関連項目[編集]

キュゥべえ 僕、君たちにお願いがあってきたんだ。
グリーフケア』と契約して、魔法少女になってよ!! (Portal:スタブ)