10 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
グーゴルから転送)
移動先: 案内検索


10 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000(グーゴル、googol)とは10100乗のことであり、見るだけでわかるぐらいとてつもなく大きな数字。ちなみに1と等しい

この記事に書かれている数字は、ページ表示のワガママから3桁ごとにスペースで区切る表記になっています。正確な表記は……と行きたいところなんですが、そうすると意味がなくなっちゃうんでやりません。ハイ。

語源[編集]

昔、アメリカにいた数学者が妄想で思いついたのが発端。そしてその名前を9歳のガキ(甥とも言う)に考えさせ、アメリカでは平均的な頭の悪さで思いついた言葉がgoogolである。

この数学者はこの妄想を本で発表したら、同レベルのアメリカ人に瞬く間に一般的な言葉として広まってしまった。

尚、ゴーグルとは関係がない。

Googleとの関係[編集]

名前が似ているが、関係ないことはない。

Googleを作った人が、サイト名を登録しようとしたとき、アメリカ独自の頭の悪さで、GoogolをGoogleだと間違って認識しており、そのまま登録してしまった。後で気がついたが、「まあ、いいや」とこれまたアメリカ独自のいい加減さでそのままにしてしまった。これがGoogie、いやGoogleの語源である。

使用方法[編集]

「ア→ン→サ→イ→ク→ロ→ペ→デ→ィ→ア→に→秀→逸→記→事→書→く」と続いたらアンサイクロペディアに秀逸記事書く
スレッドにUnicodeを使用している場合、その理論上の使用可能文字種は111万2,064種類なので、一発で完成するのは
1,112,06417 = 608グーゴル回に一回
となる。
百人一首
「100枚の読み札がどのような順で詠まれるか」という通り数は、
100! = 93 332 621 544 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000グーゴル通り
である。グーゴルでも結構足りない。
hyde
hydeの身長は、
156cm = 0.000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 0156グーゴルcm
である。やっぱりグーゴルは大きい数字だった。

グーゴルプレックス[編集]

10のグーゴル乗である、グーゴルプレックス (Googolplex) という数も存在する。詳しくはGoogolplexを見て下さい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グーゴル」の項目を執筆しています。