サイリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ケミカルライトから転送)
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ケミカルライト」の項目を執筆しています。

サイリウムは、オオバコ科オオバコ属の一年草である。発光植物として知られ、光エネルギーとして余計なカロリーを消費するため、ダイエット食品としても用いられる。

特徴[編集]

一年草であり、草丈は60-70cm程度となる。全世界の温帯~亜寒帯に分布する。公園内や歩道などにもよく見られる。踏みつけに耐える性質が強いため、人や動物がよく歩く、歩道や広場などの場所に多数自生している雑草である。ポケモンが隠れられるほどの草むらでは、草丈が十分伸びないため競合に敗れ、自生できないことが多い。

光の源となる代表的なネオ元素でもある[1]。最も特徴ある発光は、草全体で見られ、根や茎が主に青緑色に発光する。葉もほんのりと光っているが、遠くからは茎の光る姿しか観察できないことも多い。発光は開花直前頃から特に強くなり、種子を形成したのち気温の低下と共に徐々に光りが弱まり立ち枯れる。

柱状に多数の小さな花をつけ、発光により虫をおびき寄せ、夜間でも受粉できるため発光能力が発達したと考えられる。一方でヒカリトカゲなど一部の爬虫類は、この草を好んで食べることが知られている。

文化的側面[編集]

芸能[編集]

古代にはサイリウムの群生する広場で歌垣などの催し物が行われた。もともと広場や歩道に生えており、夜間に踊ったり歌を詠む催し物を行う際には、天然の照明として大いに役に立った。

また、サイリウムの茎を取って打ち振る、踊りの小道具としても用いられた。皿回しなどの大道芸人も棒にサイリウムをつけて観客を楽しませた。

今日でも、大規模なナイトクラブをオオバコと呼ぶことがあるのは、サイリウムの和名であるオオバコにちなんだものである。これらのナイトクラブでもサイリウムは来場者やダンサーの小道具などとして多用されるが、天然ものはほとんど使用されず、人工のケミカルライトに置き換わっている。

時代劇[編集]

中世から戦国時代までの日本刀は、峰の部分に溝が掘られており、サイリウムの茎を埋め込めるようになっているものが多数みられた。これは、夜戦の際に自らの太刀筋を見るため、刀を光らせる目的で用いられた。江戸時代に入ると夜間の大規模な野戦が減り、日本刀は、現在みられるような形状の、溝がないものとなった。また、幕末には剣闘の大半が、野戦ではなく明るい都市部での、一撃必殺を期す少人数での戦闘となったため、隠密性を重視しサイリウムを埋め込むことはあまり行われなかったとされる。

しかし、時代劇においては、刀が光る映像の見栄えがよいため、江戸時代以後の剣闘場面にも多用された。スターウォーズなど海外映画でも、サイリウムをつけた刀で戦う光景がしばしばみられる。

発光のメカニズム[編集]

オオバコは他の発光植物と同様に、植物体内で生じた活性酸素をエネルギー源として自己発光する。

シュウ酸ジフェニルに活性酸素が加わることで分解し、フェノール2分子と過シュウ酸エステル1分子を生じるが、過シュウ酸エステルはさらに活性酸素と結合して1,2-ジオキセタンジオンとなる。これは自己分解して電子を放出し、蛍光物質に当たることで発光する。

この発光反応はエネルギー効率が90%におよび、熱を出さないことから、現在では化学合成されたシュウ酸ジフェニルを使用したケミカルライトに用いられることもある。

効用[編集]

発光性質の利用[編集]

発光食品として各種お菓子等によく使用される。元々は練ったり整形したりして楽しむ玩具菓子によく使われたが、光量の増加と共にケーキなどの文字を光らせるためにも応用されるようになった。

サイリウムのエキスや同様の合成物を使用した発光グッズも多数発売されており、主にアイドル歌手のイベントなどで用いられる。コンサート後の会場最寄り駅構内などでこれを振る微笑ましい光景がみられ、ときには電車を止めてしまうほどである。

上記の通り、サイリウムを光源として演芸や殺陣の小道具として使用したり、照明や演出目的で使用する場合もある。

道路用の照明としても使用される。サイリウムを路肩の両側に生やして歩道の通路を示すことが多い。アカオオバコなど赤く光る変種は方向を指し示したり、人や車を誘導するために打ち振ったりという使用法があり、道路交通法等により誘導方法が定められている。

薬効[編集]

漢方では全草を乾燥させた生薬を車上子、葉だけを取ったものを車上葉と呼ぶ。これらは練って牛車や馬車に示し停車させる目的でよく使用された。精神安定作用のほか、利尿、止瀉、消炎作用があり牛車腎気丸や竜胆瀉肝湯として使用される。サイリウムとは逆に精神興奮作用があるハシリドコロ(ロート根)の副作用を和らげるために使用される場合もある。なお現代の鉄道車両には電気化したATS車上子などが設置され、危険なとき列車を自動停車させる際に使用されるが、この名称はサイリウムの薬名に因んだものである。

余分なエネルギーを光として放出するため、サイリウムの飲用はカロリー消費を促す。多量の食物線維を含むことから空腹感を軽減する効果もあり、ダイエット食品としても応用される。また肥満改善のほかに、活性酸素と反応して光ることから抗酸化作用をもち細胞の老化を抑制する可能性がある。

日清食品はインスタントラーメンにサイリウムを配合したダイエット食品を発売しており、お湯をかけると光ることから非常時の灯火としても有用である。そのため非常用の常備食としての需要もある。

ケミカルライトとして用いられているサイリウムについても、同様の効用が期待され、サイリウムダイエットの挑戦例がしばしばみられる。口に含むと強い刺激があるうえ、食品として製造されたものでないため、多くのメーカーでは推奨していない。しかし、体脂肪が一気に10%減ったなどの劇的な成功例があり合成サイリウムの飲用を試す例があとを絶たない。

活性酸素を吸収する性質ゆえ、食品に品質保持剤として添加されることもある。しかし使用量は微量のため、食品が発光する姿は、超高感度のルミノメーターでしか測定できないことが多い。

バイオテクノロジー[編集]

サイリウムの発光機構は遺伝子組み換え動物のマーカーとしても使用される。

黄色く光るマウス京都市南区のメーカーが開発したことで、ペット用としての需要も開拓されつつある。同社は新製品として、赤色や青色に光るネコを開発し上市しており、今後さらにイヌやゴリラなどにも適用を広げるほか、ハリネズミへの応用も検討中という。

脚注[編集]

  1. ^ サイリウム_(ネオ元素)を参照のこと。

関連項目[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!