ゲッサム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ゲッサム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ゲッサム(げっさむ、Get Sum!)とは複数の人が相互に影響しあう戦争などの状況化下において、味方以外の要因を排除する事で味方の潜在的な損失をゼロにすること、またはその状況下で叫ぶ掛け声。


ゲッサム社会[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゼロサム」の項目を執筆しています。

ゲッサムの概念は1987年に完全主義者であるスタンリー・キューブリックが出版した「ゲッ・サム社会」において提唱された。これは1980年レスター・サローが出版した「ゼロ・サム社会」に影響されたキューブリックが、均衡状態となった状況下では、人々が自分以外の存在を排斥することで少しでも自らの損失をなくそうとすることを予測して警鐘を鳴らしたものである。

例えば戦争では、敵国に存在する人民のすべてが敵となりうる可能性を秘めている。ならば戦闘要員に限らず、民間人も殺してしまえば敵国の勢力がそれ以上増えることはなくなり確実に疲弊させることができる。アメリカイスラエルは戦争をゲッサムととらえ、現在も強大な火力による無差別攻撃を行っている。

また、現在のように経済が成長しない社会はゲッサム社会である。こうした社会においては、少しでも競争相手を少なくしようと人々はナイフを手にして意味もなく他人の命を奪おうとする傾向が強くなる。通り魔や銃の乱射などの無差別殺人はゲッサムであったと言える。

ゼロサム、ゲッサムからの脱却[編集]

ゼロサムは「誰かが得をすれば、誰かが損をする」という概念である。この世界に存在する富を一枚のピザだとしよう。誰かが欲張ってピザを多く取れば他の人が食べられる量が少なくなる。これはゼロサムである。ピザを分ける相手を殺してしまえば、ピザを丸々一枚頬張ることができる。この手段はゲッサムである。

ゼロサム社会、ゲッサム社会を脱するにはどうすればよいか?ピザを人数分注文するか作かすれば問題は解決する。つまり、全員が働いて富を増やせば良いのである。それでも「自分は足りない」と不平不満を言う者が出てくるであろう。そんな連中は機関銃でゲッサム!すれば良いのである。

関連項目[編集]