ゲリマンダー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ゲリマンダー(Gerrymander)は、変身ヒーローアニメ次元分割戦士 ゲリマンダー(じげんぶんかつせんし・げりまんだー)』の主人公・ユウタが変身する架空のヒーローである。男性、身長174cm。次元空間自由に分割する事で世論を操作する能力を持っているが、その利用法に日々悩む面も見せる「苦悩するヒーロー」である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「次元分割戦士 ゲリマンダー」の項目を執筆しています。

概要[編集]

株式会社東京放送にて2006年4月から翌年3月まで放送された全48話のアニメ『次元分割戦士 ゲリマンダー』は、次年度に放送された「サイレント魔女☆リティ」と共に「現代社会において世論が必ずしも政治の動きに反映されない」という社会の暗部を描き出すアニメとして位置付けられている。「リティ」は特定の思想少数派になるように操作するのに対し、「ゲリマンダー」は政治への反映のシステムをゆがめることによって特定の思想を隠蔽するという違いがあるが、どちらも現代民主主義の構造の問題点を指摘することを目的の一つに置いた作品である事には変わりない。

ゲリマンダーは同作品の主人公として、集団の意思決定のシステムに干渉する、いわばアンチヒーローとしての側面を持っているが、それと同時に主人公を小学生に設定して悩む姿を描写したり、放送初期のエピソードでは家庭や小学校などの些細な場面でのほのぼのとした問題解決に勤しんだりと、親しみやすい題材を扱っている。

ストーリー[編集]

ミタカ家の三人の真ん中である小学生ユウタは、姉妹にイチゴ大福を理不尽な分け方をされて泣きながら家を飛び出した。公園で泣いていたところ、ドイツ人医師が現れて連れ込んだ先の病院で改造手術を受ける。

こうしてユウタは、次元を分割して自分の思い通りに世論を操作する戦士、ゲリマンダーに変身するようになったのだ……(ただし、それでも姉妹にはかなわない)

登場人物[編集]

ユウタ
主人公の小学生。姉弟妹の真ん中である故、非常に気弱な性格に育った。ゲリマンダーに変身するようになってからも能力の行使には消極的だったが、やがて正義のために空間分割を使って行くことになる。
ゲリマンダー
ユウタが変身した姿。次元や空間を分割する能力を持つ(後述)。変身したゲリマンダーは成年の体躯であり、一見してユウタが変身しているとはバレないようになっている。
ミタカ姉妹
最強の姉妹。ユウタは頭が上がらない。いつもユウタはおやつ、お年玉チャンネル権をいいように分割されている。
ユウタがゲリマンダーに変身するようになっても、さらにゲリマンダーの正体を知ってもその態度は変わることは無かったが、この姉妹の理不尽な分割を反面教師とすることがなければ、ユウタはゲリマンダーの能力を最大限発揮することはできなかったと思われる。その意味で、ユウタの精神的成長を支えた二人である。
なお、姉妹の名は登場しない(ユウタは姉を「お姉ちゃん」と呼んでいた。妹を呼ぶシーンはない)。
ドイツ人医師
医師と自称しているが、かなり怪しい人体改造手術ばかり行っている。日本語はカタコトで、ことあるごとに「ダイジョーブ、ダイジョーブ!」と言っているが、あまり大丈夫じゃない。
ゲリマンダーを生み出しただけあって、分割戦略の知識は豊富であり、まだ分割能力の使い方が分からないユウタにアドバイスをしている。
クレバス
国際組織『グレートディバイディング評議会』のスパイであるオーストラリア人女性。目的はゲリマンダーというよりもそれを生み出したドイツ人医師の卓越した選挙戦術の方にあり、ユウタを追跡して医師を発見、拘束する。
しかしユウタがゲリマンダーに変身して医師もろとも16分割(医師:クレバス=12:3)。クレバスはに国籍が分割され、日本人として日本に住むことになった。
ちなみに、ドイツ人医師の方はエジプトタイブラジルメキシコタジキスタンの12ヶ国であった。ただしこのエピソードは直後2回まで引き継いだが、その後は二人とも元に戻っている。

能力・装備[編集]

能力の素養がない者が扱うと、こうなる。
次元分割(空間分割)
ゲリマンダーに変身したユウタは、あらゆる空間を分割することによって、(ゲリマンダーの主観で)排除すべき思想を持った者を一カ所に封じ込める能力を持っている。この能力を使うことによって、少数派となってしまっている正義の民を解放し、ゲリマンダーの目指す世界に近づけていく。
ディバインソード
ゲリマンダーが装備している武器。生物に対する殺傷能力は皆無だが、ゲリマンダーが一閃すると次元や空間が分割される。ただし、この武器があるだけではその効果はうまく発揮されることは少ない。やはりゲリマンダーの善悪の分布を見極める能力、なるべく均等に分割してマスコミに能力行使を悟られないようにする能力があって、初めて100%の力が発揮されるのである。

主な放送内容[編集]

第3回 境界なんかぶっ分割(と)ばせ!
いつもわがままを言ってユウタを困らせる妹。しかしその妹が、幼稚園のお遊戯会で友だちと一緒のグループになれず元気がない。ユウタはゲリマンダーとなりってグループの分割を変更しようとするのだが、ユウタはもっと良い案を思い付く。
第15回 いいこと、いけないこと
中学校ではいつも学級委員長をしている姉。ところが新学期、新たに転校してきた女子に人気が集中。このままでは委員長の座が危ういという。既にバレている妹に脅されて技『二段抽出法』を駆使して不利だった姉を当選させる。
だが、このことがきっかけで姉にも正体がバレてしまい、「策で奪い取った委員長なんてダメよね」と学級委員長の座を返上する。ユウタは複雑な思いで姉の涙を見るしかなかった。
簡単でしょ?でしょ?
第25回 狙われた森
いつも放課後遊んでいた学校の裏の森に、核廃棄物処理場ができる計画が! 6ヶ所に別れた関係する町内会に対して、国は半数ずつの住人を買収して町内会ごとの票を根こそぎ手に入れようとしていた。ユウタはゲリマンダーに変身して町内会の境界をいじって簡単に解決するが、そのために国際的な特別機関『グレートディバイディング評議会』(本部:オーストラリア)のスパイ、クレバスに目を付けられることとなる……

他メディア[編集]

映画[編集]

サイレント魔女☆リティ&次元分割戦士ゲリマンダー 16分割木っ端☆ミジンコ(2008年
サイレント魔女☆リティとの競演。二人の能力が食い違い、世論があらぬ方向に向かってしまうのを、協力した二人が食い止める。

ゲーム[編集]

次元分割戦士 ゲリマンダーDS ―魂のディバインソード―(2008年)
ニンテンドーDSソフト。イチゴ大福分割から衆議院議員選挙まで、様々なシチュエーションでタッチペンを使い分割する。自分に有利な分割ができるとクリアとなる。

関連項目[編集]