コイル (ポケモン)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ポケモンWikiへようこそ♪
ポケットモンスター依存症患者のため、ポケモンWiki廃人たちが孵化作業の片手間に「コイル」の項目を執筆してくれています。

コイルとは、すべてのポケモンの中で一番有名でしかも人気の高いポケモンである。 人気が高すぎる故に人々はコイルを「唯一皇」と呼び敬う。 それでいて圧倒的な戦闘能力を持ち、その戦闘能力はマタドガスに次ぐともいわれている。大会では「コイル禁止」という暴挙に出た。さらには「コイル」と発言しただけ怖いお兄さんにつまみ出されるまでになってしまった。 あまりもの素晴らしさなのである。ちなみにhydeの身長は156cmである。

このスクリーンショットを見れば分かる通り、コイルは一番有名で人気なポケモンである。

概要[編集]

』から登場しているポケモン。「とくこう」が高く、次いで「ぼうぎょ」が高いが、「HP」「こうげき」「とくぼう」は低い。しかし、コイルが苦手な相手がほとんど物理攻撃主力な上、こうげきはほとんど使わないので種族値に無駄が一切なく、主力技も威力が高い上、タイプがでんきなため汎用性がある10まんボルトなので、マタドガスを除けば全ポケモン中で最強ともいえる。最近のポケモンバトルでほのおタイプの需要が高まっている理由もコイルである。メタグロスが理由と言う説もあるが、ものすごく少数であり、大会優勝者などの実力者もコイルが理由であると唱えている。レベル30でレアコイルに進化する。『ダイヤモンド・パール』では、磁力が強いという設定の「テンガンざん」というダンジョンでレアコイルをレベルアップさせることでジバコイルへとさらに進化し、「とくこう」「ぼうぎょ」が飛躍的に伸びる。特に「とくこう」は全ポケモン中最強クラスのものになる。『ブラックホワイト』では特性の「がんじょう」が強化され、第二の最強のポケモンとして有名な(第一が何かは語るまでもない)ミュウツーの最強の攻撃「サイコブレイク」の威力を1.5倍近く上回る時間を司る神ディアルガの「ときのほうこう」を超越した威力を持つ海を支配する神カイオーガの「ハイドロポンプ」をも凌駕した究極の威力を誇るポリゴンZの「はかいこうせん」を以てしても、仕留めることは不可能になった。『赤・緑』ではでんきタイプのみを持つが、『』からははがねタイプが追加されている。その為、『金・銀』以降はでんき・はがねタイプが共に弱点とするじめんタイプの攻撃に非常に弱い。また、稀に「メタルコート」というアイテムを所持しており、これがないとストライクやイワークは進化出来ないので、これらのポケモンを愛用する人にとっては神ともいえる存在である。性別が存在しないが、メタモンと共に育て屋に預けることでタマゴを発見できる。。しかし、私はめげない。エロスをひたすら追い続けるのだろう。なぜなら、そこにエロスがあるからだ。すばらしいぞ、コイル。さすがだ。だが待って欲しい・・・実はコイルは存在しなのではないか?だとしたら私はとんでもない間違いをしたのではないだろうか?コレは難しい問題だ。だって・・・だって・・・

お前ら写輪眼が好きだろ、ナ?

コイルの役割[編集]

コイルの役割は、ストーリーに重みと説得力を与えることである。ストーリーを作っていると、時として内容に説得力を持たせづらく感じることがある(たとえば「伝説」や「教訓」を述べる場面など)。このような場合にコイルを登場させ、重みのある発言や行動をさせることで、ストーリーに説得力を与えることができる。

たとえば、風の谷のナウシカには、「その者 灰色の衣をまといて 金色の野に降り立つべし……」という伝説が出てくるが、仮にこの伝説を、コイルの子供をいじめていた男衆が語り出したらブチコワシとなり説得力は希薄となる。なのでここはジバコイルに登場願って、重々しく語ってもらうことになるのである。

棒状、あるいはE字型、鼓型などのコア(鉄心)に巻線を巻いたコイル。コアの材質としてはフェライトを用いることが多い。抵抗器などと同様に直線状の筐体の両端からリード線が出ている形式のコイルがあり、マイクロインダクタと呼ばれる。高周波用のコイルは円筒形のボビンに電線を巻き、内部のコアをドライバで回して上下に動かし、インダクタンスを調整するものもある。大電流の電源回路などは変圧器と同様に珪素鋼板も用いられ、チョークコイル・リアクトルと呼ばれる。

コイルはこうした役割を持っている。

また、コイルには、大切な知識やアイテム主人公に与えたり、主人公にレベル上げという試練を与え、新たな力を手に入れさせるといった役割も持つ。映画スターウォーズヨーダや、ロード・オブ・ザ・リングのマーリン、ドラゴンボール亀仙人、多くのロールプレイングゲームに登場する賢者や仙人、高僧といったキャラクターがその例にあてはまる。

コイルに用いられる材質には次のような種類がある。

フェライト ダストコア…圧縮磁芯材ともいう。金属を粉末にして絶縁処理を施し、加圧成型したもの カーボニル鉄 Fe(CO)5 モリブデンパーマロイ(モリブデン、ニッケル、鉄) センダスト(ケイ素、アルミニウム、鉄)

全盛期のコイル伝説[編集]

  • 3バトル5コイルは当たり前、3バトル8コイルも
  • 先制攻撃自爆を頻発
  • コイルにとっての「でんじは」は10万ボルトの打ちそこない
  • ダブルバトル両方コイルも日常茶飯
  • 相手6匹、持ちポケモンコイル以外ひんしの状況から余裕で自爆
  • 一回ひんしも余裕で二匹目コイル
  • 一回の「いけ!コイル!」で票数が三倍に増える
  • じしゃくでホームランが特技
  • 出されるだけでカスミが泣いて謝った、心臓発作を起こすタケシ
  • 自爆でも納得いかなければ命令無視→だいばくはつしてひんししてた
  • あまりに票が増えすぎるから1000票で1票扱い
  • その1000票も余裕で自爆
  • レアコイルを一睨みしただけでジバコイルが三匹飛んでいく
  • バトルの無い日でも2自爆
  • モンスターボール使わずにマルマインと自爆
  • 先制攻撃即自爆なんてザラ、げんきのかけら使ってまた自爆することも
  • 自爆でひんしになってから目の前が真っ暗になる方が早かった
  • モンスターボールで自爆した
  • 観客の韓国人のヤジに電磁波だしつつ自爆
  • グッとガッツポーズしただけで500票くらい入った
  • スイングでハリケーンが起きたことは有名
  • アフガン戦争が始まったきっかけはコイル三匹の自爆
  • 自分のじしゃくに乗ってスタンドで自爆するファンサービス
  • 集団での自爆によりサーバーに影響を与えることがある
  • 頭のネジを抜くと、本来の大きさ(一説によると太陽をも越える)に戻る。
  • 人気投票であまりにもコイルに票が入りすぎたため、「現在投票できない状態です」状態にしてしまった。
  • 2008年度ポケモン映画に敵役適役として出演
  • ザブングル加藤の筋肉を潰してみたら20000票入った

遊戯王カードでのコイル[編集]

遊戯王カードゲームでは、コイルは雷タイプ・鋼タイプのたねポケモンとして収録されている。HPは40~50。Lv.は10。弱点は闘・炎タイプで、抵抗力は超・草・鋼タイプ。レアリティは。ホログラム入りのレアカードとしても収録されている。

初登場はポケットモンスターカードゲーム第一弾拡張パックで、雷タイプとして収録された。その際のレアリティはチンコ。進化後のレアコイルともども「じばく」を覚えていたため、それからは自爆がコイルの代名詞となったのでござる。

その後、ジムシリーズで、「hydeのコイル」として収録された。

コイルについて記された文献[編集]

この文献は非常に貴重なものであり5種類しか確認できなかったがその5種類を載せておく

ルビー 
ウィキペディアに くっついて でんきを たべている。落ちに なったら ブレーカーを しらべよう。コイルが びっしり くっついて いるかも。
サファイア 
さゆうの ツールから 票を だす ことで じゅうりょくを さえぎり くうちゅうに うかぶ。PCより先に回線がとぶととべなくなる。
エメラルド 
さゆうの とっては きょうりょくな ポンプ。はんけい 100メートル いないの 変態を ほぼすべて ひきよせるほどの 精液を はく。
ファイアレッド 
水中に 沈んだまま いどうして上下の 螺子からハゲビームなどを ほうしゃする。
リーフグリーン 
地球のじゅうりょくで 沈んでるらしい。どこから ともなく あらわれて 1000兆ボルトの放電などを 発射する。

外部リンク[編集]

  • コイル祭 - Yahoo!きっず(および株式会社ポケモン)とVIPPERとの合戦。勝敗は事実上の引き分けとなった。

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「コイル (ポケモン)」の項目を執筆してくれています。
コイルの進化前後
退化:
-
コイル 進化:
レアコイル
2進化:
ジバコイル