コキガミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「コキガミ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

コキガミ(漢字表記:「紙茎」)とは、中世の日本において盛んであった「男性性器を紙で包む芸術」である。現代では日本においてその伝承は完全に途絶え、欧米の好事家によってのみ伝えられている。

発祥[編集]

古来より日本においては、「大切なものを美しく包む」ことでによって、物を大切に思う気持ちや、贈り物の場合には贈る相手への敬意などを表していた。それらは「包み」と呼ばれ、欧米におけるラッピングよりもはるかに長い歴史を持つものである。現代においても、「もったいない精神」の再評価とともに、風呂敷による「包み」の文化が見直されている。

一方、日本人は古来より世界でも類まれな手先の器用な人種であったことが知られている。さまざまな工芸品などの職人の技もあるが、それを支えていたのは、子供のころから折り紙という手先を使う作業を遊びとして自然に取り入れていたことが大きいといえよう。

また、日本文化は本来、性を楽しむことに対して非常におおらかであったことも忘れてはならない。

これらの要素が重なり合い、中世の日本において男性性器を紙で美しく包む芸術としての「コキガミ」が生まれたのである。

歴史[編集]

Kokigami.gif

コキガミが誕生したのは平安時代であると言われている。当時は紙は高価なものであり、コキガミも庶民ではなく貴族階級の官能的な楽しみであった。やがて紙の価格が下がって庶民にも手の届くものとなったため、コキガミは広くさまざまな人に楽しまれるようになった。庶民文化がもっとも栄えた元禄時代、浮世絵にはコキガミを楽しむ男女の姿が描かれているものも存在している。

しかしながら明治維新とともに、その伝承の一切は失われることとなった。明治政府が「近代化の妨げになる」として禁止令を発し、また日本文化を欧米に比べ「劣ったもの」として恥じる傾向などから、たちまちのうちにコキガミは廃れていった。現在では皇族に秘伝として伝わっているのみである、とも言われているが、宮内庁の公式見解では「そのような伝承は最初から存在していない」として否定されている。

復活[編集]

コキガミが日の目を見るようになったのは、皮肉にもアメリカにおいてであった。浮世絵などと同様、日本では「価値がないもの」として見捨てられた文化がアメリカで密かに保存されていたのである。

現代では、精神療法医の間でコキガミが評価されている。男性器に対する嫌悪感から正常な性行為が行えない女性に対する治療として、またマンネリ化した夫婦生活に新鮮さを取り戻すためのものとして、コキガミ療法が効果があるとされている。また、手先の作業による脳への刺激は、身体的なリハビリとしても有用であると考えられている。

しかしながら、日本においては未だ、コキガミはその存在自体が「無きもの」とされているのが現状である。

関連項目[編集]

この項目「コキガミ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)