コヨーテ・ラグタイムショー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コヨーテ・ラグタイムショー」の項目を執筆しています。

コヨーテ ラグタイムショーCOYOTE RAGTIME SHOW) は、架空漫画アニメ

特徴[編集]

本作品は、主人公、脚本を含む主要人物の多くが物語序盤で死亡するという悲劇的な展開を見せていることでも有名である。

また、ほっふりまーみれのーぼんへー♪ゆふできょほほをきっざむー♪でもある。

概要[編集]

受験の頃は人一倍頑張ったけど、就職戦線に敗れてからは無気力で引き篭もりがち。
今も荒野のマンションで多くのSPに見守られながら、日々を無為に生きる年配NEETのミスター。
彼の元にある日、空から降ってきた12人の女の子は、オッサン好きという残念な性癖を持ち合わせたユリア100式。
彼女達は執拗にミスターたちを付け狙いつつ、病んだり、ツンツンしたり、銃を振り回したりしていく。
SFを取り入れた大雑把な世界観に、第1話で女の子が降ってくるというキャッチーなお手軽ハーレム要素。
宇宙教会に響く怪しい歌声、宇宙海賊の残党と宇宙マフィア、方向性がよくわからないB級ハードボイルド。
1行で説明すると、宇宙に5挺くらいしか存在しない銃コスモドラグーンを探すオッサン達のちょっとHな話である。

主な登場人物[編集]

序盤のメインキャラクター[編集]

ミスター
本名不明、年齢不詳の初老の男。圧倒的なカリスマ性で街に津波を起こす、蟲を呼んで脱獄するなどの活躍を見せたが、第二話でビル屋上から落下し、フランカをかばって死亡した。
フランカ
ブルースの娘。基礎的なワイヤーアクションもやってのけるが第二話でビル屋上から落下し、その際重症を負ったため再起不能に。以降は入院生活を余儀なくされた。
ビショップ
天才詐欺師で、自分の饒舌を生かして犯罪を成功させるタイプ。第一話ラストでミスター達を助けるために蟲の群れに特攻し、落命する。
カタナ
超特急カタナ様。第二話ラストでスピード違反で検挙され、現在も取調べ中である。

中盤以降のメインキャラクター[編集]

ミスター(偽)
第三話から登場した偽者。本物と比べるとカリスマ性に欠ける。ブルースの遺産を横取りするために活躍するが、ロマンチックは苦手である
フランカ(偽)
第三話から登場した偽者。本物と比べると行動力に欠ける。時々スネるが、まぁ普通の女の子である。
ビショップ(偽)
第二話から登場した偽者。本物と比べると何もかも劣る。大したことない普通の男であり、文句と言い訳ばかり並べ立てる。
カタナ(偽)
第三話から登場した偽者。本物と比べるとむしろ強い。自称超特急だが鈍行である。その正体はアンドロイドであり、マルチアーノ12姉妹ともほぼ互角に渡り合える。

汗くさい脇役[編集]

ブルース
フランカの父。故人。変人。パズルとお金が大好き。娘と自分のプロモムービーを作ったが恥ずかしかったので地下金庫にこっそり隠した。
スワンプ
あの大海賊ブルースの右腕とも呼ばれたほどの男。ツートンの立った髪とオシャレなヒゲがトレードマーク。第三話から登場した奇跡の救世主。彼がいなければ偽者の主人公たちは生きて最終回までたどり着けなかったと言われている。普段は神父として活動している。彼の編み出した、ダンスを取り入れた独自のミサは村人たちに大好評であり、娯楽の少ない村にとっては貴重な存在である。普段の声からは想像できないほどの美しい歌声を持ち、当然村人たちとの信頼関係も厚い。また、裏では武装ゲリラを率いており、日々命をかけて戦う彼らにとって頼れるリーダーでもある。格闘術にも長けており、人外の運動能力を持つアンドロイドであるセプと互角に渡り合った。肉体のみならず精神的にもタフであり、目的を達成するためならば男と2人でトイレの個室に入ることになってもまったく動揺を見せない。さらに工学分野にも詳しく、無線の打ち方がわからずたじたじだったビショップ(偽)に代わって無線を打った。主人公のミスター(偽)も彼には一目置いている。物語ラストで12姉妹のほぼ全員を一気に沈黙させたのも彼の実力である。

銭形ポジション[編集]

アンジェリカ
銀河連邦警察に所属する女性捜査官。大統領より偉い。口紅の扱いには慣れてないのか、唇の大きさがよく変わる。
チェルシィ
褐色の肌を持つナイスおっぱい。

殺し屋集団[編集]

マルチアーノ
おばさん。中の人は奥さんである。反逆するので某ブリタニア王子とは気が合うかもしれない。
ニルソン
おっさん。変人である。殺し屋集団の中にいるが、たぶん誰も殺してない。
マルチアーノ12姉妹
ゴスロリアンドロイド殺人集団。ローゼンメイデンとは趣が異なる。主人公達を圧倒する強さと、超越する人気を持つが、出番は少ない。ほとんどの視聴者は12姉妹目的でアニメを見ているため、がっかりする人が続出である。
ジャニアリィ
ブチギレお嬢様。セプとは親友だがここは百合ということにしておきたい。その後他の世界にもちょっとだけ登場した。
フェブラリィ
非武装眼鏡っ娘。主な特徴はデコ、縦ロール、薄い存在感、つまり金糸雀である。
マーチ
ツインテール。貴重なミニスカート要員でもある。
エイプリル
前髪の長いリーダー。豹変アリ。メイとは百合だろうがいろいろあって離れ離れなので寂しそうである。一時期いろいろ言われたけど水銀燈とは関係ない。
メイ
いきなり首から下を吹っ飛ばされた人。生首としての生活を余儀なくされる。頬染めるくらいにはエイプリルのことが好き。
ジューン
短髪、男装、接近戦特化。蒼星石とはいい友達になれそうである。
ジュライ
日本刀お姉さん。目の細さはニビシティのジムリーダーを髣髴とさせる。
オーガスト
爆弾幼女。ボンバーロリ。その後、髪を染めて他の世界にちょっとだけ登場した。
セプ
唯一の死者。生きていればジャニアリィとの百合イベントもあったろうに。その後転生して他の世界にちょっとだけ登場した。
オクト、ノヴェ、ディッセ
三つ子幼女。桃缶大好き。待ちくたびれると寝ちゃうなど、王道である。

クリミナルギルド[編集]

ハンター
ヘタレハンター

コヨーテ[編集]

TSUTAYAに恐れられるならず者たちの総称。借りた物は死んでも返さないからである。

脚本[編集]

第二話で12姉妹の流れ弾をくらい死亡。第三話から脚本(偽)が担当した。

アニメ[編集]

あまりにも短い日々だった。

スタッフ[編集]

  • 原作:ミスター
  • 企画:ミスター
  • 監督:涼宮ハルヒ
  • 脚本:脚本(1話~2話)、脚本(偽)(3話~12話)
  • 衣装デザイン:桜田ジュン
  • キャラクターデザイン:泉こなた
  • 音楽:金糸雀

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ほふりまみれ」
ホッフリマーミレノー♪
エンディングテーマ「きっと殺しにくる」
普通に良曲である。

漫画[編集]

漫画もあるらしい。アニメでは死亡する多くのキャラクターが漫画では死亡しないため、ストーリーが大幅に異なる。

関連項目[編集]