シングルアクションアーミー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
SAA.jpg
輝くシルヴァータイプ
コルト シングルアクションアーミー
種類 リボルバー
製造国 アメリカ
設計・製造 コルト社
口径 45口径
銃身長 140mm
ライフリング 6条/左回り
使用弾薬 45ロングコルト弾
装弾数 6発
作動方式 シングルアクション
全長 276mm
重量 1150g
発射速度 {{{発射速度}}}
銃口初速 様々
有効射程 50m

シングルアクションアーミーとは、米コルト社が開発したシングルアクション式リボルバーである。その外見は現代となってはレトロで古風で何とも言えない雰囲気を醸し出している。

概要[編集]

時は1870年代前半、コルト社社員は困っていた。

スミス君とウェッソン君はもう金属薬莢式リボルバーを開発したのに、うちは遅れてるじゃないか。何とかして追いつかねば。でもメカニズムをパクるわけにはいかないしなあ。ああそうだ!それならいっそ金属薬莢式の弾を打てるように改造すればいいんだ!」

こうしてコルト社は1873年、満を持してシングルアクションアーミーを発売した。後出しじゃんけんにもかかわらずこの銃は当時のナイスガイにバカうけ。保安官のロバート達が使ったのみならず、アメリカ陸軍にも制式採用された。こうしてシングルアクションアーミーは瞬く間にアメリカ全土に広まった。

副作用[編集]

アメリカ陸軍にも認められた素晴らしい銃であるが、やはり銃というものは危険なものであり、使用する者によっては副作用をもたらす。

リロードが気持ち良くなる[編集]

これは主にシングルアクションアーミーを使い始めて間もない時期に発生する。特に自分が尊敬する人から「いいセンスだ」などと褒められると発生することが確認されている。具体的には、 「リロードタイムがこんなにも息吹を!」 「俺のリロードはレボリューションだ!!」 などと半ば発狂気味に叫ぶことが確認されている。

ガンスピンがしたくなる[編集]

これはこの銃を手に持っているだけで無性にクルクルと回したくなるものである。それがたとえ決闘の直前という、緊張感が張り詰めた空気の時でさえもだ。しかしこれには良い側面も持ち合わせている。なんとこの技はそのまま武器に使うことができるのである。具体的には、自分に襲いかかってきた蜂の群れを、ガンスピンによってバチャバチャと地面に落としていくことが可能なのだ。シングルアクションアーミーの隠れた使い道である。

跳弾する[編集]

これは何と自分が放った弾丸がぬかるんだ地面であろうが木であろうが跳ね返るのだ。しかもきっちり4回である。さらに、放たれた弾丸には何故か赤いオーラのようなものが見える。これを某少佐は巧みに攻撃に利用していたが(どのようにして跳弾とそうでないかを切り替えているのかは不明)、想像してほしい。自分のまわりを超高速で金属の弾が飛びまわっているのである。これは大変危険である。もっとも、一般人では跳弾させること自体不可能ではあるが。

バリエーション[編集]

シングルアクションアーミーには多種多様なバリエーションがある。ここではそれらについてひとつひとつ

絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

ロシアンルーレット[編集]

実はこの銃はロシアンルーレットにぴったりの銃なのだ。一般的なリボルバーだとシリンダーがクルクル回らない。よってロシアンマフィアは常に懐にシングルアクションアーミーを忍ばせて、イザという時のために備えている。ん?でもこの銃ってアメリカ製じゃなかったっけ?

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シングルアクションアーミー」の項目を執筆しています。


Wiki-globe.png この項目「シングルアクションアーミー」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)