ハートフレンド!!コレジャナイロボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ハートフレンド!!コレジャナイロボ(はーとふるふれんど!!これじゃないろぼ)とは、2001年放送開始のロボットアニメである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コレジャナイロボ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ハートフレンド!!コレジャナイロボとは、白い木製ボディをもったポンコツロボットと普通の小学生、沙里和太郎(さりわ たろう)との友情を描くロボットアニメである。コレジャナイロボや太郎の命を狙うロボットとの戦闘や太郎の友達の悩み解決などが主題だが、遊びまわるブレイク回等を楽しみしていた視聴者も多い。

コレジャナイロボは戦闘モードのときは黄色、ピンチ・悲しい時は青色、闇落ちしたときは黒色に変化する。この物語は自分の生みの親を探すコレジャナイロボと名付け親になった太郎の友情物語でもある。

主題歌は水木一郎が歌う『IT IS NOT THIS!コレジャナイロボ!』であり、日本ブレイク工業なみのヒットを叩きだした。今でもアニメオタクにはこの歌が歌い継がれている。

あらすじ[編集]

小学生の沙里和太郎(さりわ たろう)はある日交通事故に遭いそうになったがあるロボットに助けてもらい一命を取り留める。一時期瀕死であった太郎はそのロボットのことをおぼろげにしか覚えていなかった。リハビリを終え再び学校に通い出した太郎はもう一度あのロボットに逢いたいとかすかな記憶を頼りに必死にロボットを探す。親の協力も借りてついにロボットを見つけ出した。初めのうちは感動に打ち震え感激しぱなっしだった太郎だが、話していくうちにひと違いならぬロボット違いに気づく。そして太郎は言ったのだ「これじゃない」と。名も無きロボットはこれじゃないを自分の名と勘違いし名付け親の家に居候するプログラムが発動してしまった。こうして太郎はコレジャナイロボのマスターとなるのであった……。

活躍[編集]

有名アニメのキャラクターであるコレジャナイロボはゲーマーズや一眼レフの宣伝に担ぎ出されたり、C21勇者30に武者修行にいったりと引っ張りだこである。それこそ遊園地での戦隊ものヒーローショーに飛び入り参加しても受けいられるなど圧倒的な愛くるしさとカッコよさで子供たちを魅了し続けている。また、心優しいコレジャナイロボは東日本大震災によって出来た心のすき間を埋め、災害と戦うヒーローとして募金活動や災害救助にも参加している。

太郎がポンコツ呼ばわりしたって視聴者のみんなはコレジャナイロボの活躍を知っているのだ。たとえ邪険にされたとしても優しき心で常にマスターと寄り添うコレジャナイロボに目が離せないファンや太郎その立ち位置変われと思っている視聴者は数多い。そんな人々がいるからこそアニメ終了後10年たっても根強いファンが支える伝説のロボットアニメとなっているのだろう。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
コレジャナイロボが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/ロボット」へ収録されています。