コンセント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「コンセント」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

コンセントとは、殆どの家に取り付けられている盗聴、又は盗撮器である。

概要[編集]

コンセントは、表向きには家の殆どの部屋に取り付けられている電力を供給する接続器とされているが、盗聴、盗撮の役割も兼ねている。そのような機能が付いている理由は、取り付けた者の趣味や、取り付けた者の趣味など様々な物があり、決まった理由はない。また、盗聴、盗撮を行っていることを隠蔽する為の機能等もある。

一説によると、一人で部屋に居るときに視線を感じる現象は、殆どがコンセントが原因と呼ばれている。

また、公共施設等に「充電コーナー」として大量のコンセントが設置されている事もあるが、これは少し特殊であり、コンセント側から充電されている機種の情報を調べることで、利用者がどのような機種を使っているか調べる役割がある。

また、コンセントによる盗撮・盗聴は世界中のあらゆる発明家が思い付いている為、世界の各地域によって違ったコンセントが使われている。

周辺機器[編集]

  • マルチタップ(又はテーブルタップ)
なんか穴増やすあれ。盗撮・盗聴の為の穴を増やす事が出来る周辺機器。しかし、コンセントと違って取り外しが出来る為、解体して中身を見ることがやや簡単になっており、盗聴機器が見付かった事例が報告される事がある為、より有効な隠蔽機能の導入が検討されている。
  • プラグ
コンセントに差し込む方のあれ。特に盗撮・盗聴等をする仕掛けは無いが、コンセントと混同される事が多い。その理由は、コンセントと同じ様に穴が2つある事等だと思われる。
  • 延長コード
コンセントにプラグを繋げられる距離を延ばすあれ。物陰に隠れてしまったコンセントも有効活用する為に、盗撮、盗聴が出来る範囲を増やす為の周辺機器である。しかし、延ばした穴は基本的に埋められてしまうため、盗撮の役割は薄い。

仕組み[編集]

コンセントの中には、盗聴、盗撮の為の機器が入っており、それを白いカバーによって見えなくしている。ちなみに、コンセントの穴が二つあるのは、生物の目の様に盗撮カメラで立体視の映像を撮影する役割がある。また、盗撮した映像等は、直接繋がっている電線を伝って取り出される。さらに、その電線から送られる盗聴、盗撮の為の電力をコンセントに差し込まれたプラグ等にも供給することで、本来の役割を隠蔽しているのである。

隠蔽機能[編集]

上述の通り、コンセントには、様々な方法によって盗聴、盗撮している事を隠蔽する機能がある。以下に、その主な機能を挙げる。

  • フォーク等を差し込むと強い電流が流れる。
    コンセントにフォーク等の物を差し込むと、機械を破壊されようとしていると判断され、強い電流が流れる。に至る事もあるので、注意が必要である。
  • 大量にプラグ等を差し込まれると、爆発、又は発火する。
    コンセントの盗撮機器はプラグが差し込まれていると意味を成さない為、長い間コンセントに大量のプラグを差し込んでいると、プラグを破壊するために爆発、又は発火することがある。しかし、この機能は開発中であり、両方の穴にプラグを差し込んでも希にしか爆発や発火は起きない。また、この方法はコンセント自体が破損する可能性があるので、電力会社等が大量のプラグを差し込まないよう注意を呼び掛けている。

盗撮・盗聴の防止[編集]

盗撮を防ぐ方法の1つ。

しかし、プライバシーを守る為、コンセントによる盗撮、盗聴を防止する様々な方法が考えられている。以下に、その主な方法を挙げる。

  • コンセントを抜く
    名前の通り、設置されているからコンセント自体を抜いて盗撮・盗聴を防ぐ方法である。しばしば、「コンセント抜いて」等の言葉を聞くことがあるが、それは盗撮・盗聴を防ぐ為の事である。
  • コンセントの穴を塞ぐ
    名前の通り、コンセントの穴をプラグで塞いで盗撮を防ぐ方法である。盗撮しか防げないが、コンセントを抜く方法より簡単に行うことが出来る。上記の隠蔽機能が作動する事があるが、その隠蔽機能は希にしか起こらない為、よく行われている。また、ガムテープ等で塞ぐ方法もあり、こちらもよく行われている。

関連項目[編集]