サガ フロンティア2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サガ フロンティア2」の項目を執筆しています。

サガフロンティア2は、術社会で差別を受けてグレてしまった、鋼鉄大好き少年の人生を描いた物語。番外編として、伝説の卵料理のために命をかける男達の戦いの物語もある。

システム[編集]

デュエル
本作品における1対1の戦闘のこと。これを行うキャラクター達は、紙の束を持ち、召喚や魔法、罠などを使って真剣勝負を繰り広げる。
また、相手の攻撃に対して「カウンター」や「ディフレクト」などを使う場合、必ず「シールド・トリガー発動!」と叫ばなければならない。
多人数で袋叩きにしようとしてデュエルを回避すると、罰則として凶悪なお供が登場する。漢気のない者には死あるのみ。
コンバット
戦争。多くの兵が命を落とす乱戦だが、「1部隊に兵士は4人まで」というルールをすべての軍が、マジメにまもっている。 この戦闘には、参加するだけでHPが強制的に100になってしまうという恐ろしい呪いがかかっている。
一部の超人たちは、その制約を受けず、弱い者いじめのために強力な全体攻撃を惜しみなく使用する。

登場人物[編集]

ギュスターヴ編[編集]

ギュスターヴ13世
アニマ教徒を生け捕りにしたくてしょうがなかったのに、「捕虜はいらんぞ」などと言ってしまうツンデレである。
ハン・ノヴァをぜんぶ歓楽街にしてしまう。
特殊能力として、耐久力が無限の「手製の短剣」を破壊できる。
発売前の東京ゲームショーにて享年49歳というパンフレットを配布して、幕張メッセを自身の葬式会場として私物化した。
ギュスターヴ12世
自分の息子を「石ころ以下だ」と罵ることが楽しいと感じてしまったサド王。死んだ理由は歴史の闇に葬られているが、ソフィーにフラれたショックで寿命が30年縮んでいたという説が有力。
ケルヴィン
「変なのはお前だケルヴィン!」
で一躍プレイヤーの間では 本人が妄想キャラに急上昇してしまった。
老いて死ぬまでギュスの政治の代わりを貫いた。これぞ最強ツンデレ親友。
シルマール
ギュスターヴの家庭教師。
仲の悪いナルセスとネーベルスタンに「協力しないと死ぬだけです。」と笑顔でさらっと言う先生。
協力しても人間の死亡率は100%なので、脅しに乗った2人が損をしただけである。
ネーベルスタン将軍
フルネームで呼ぶとスタン状態になってしまう病気を持っている。
勝利ポーズは、いい加減に髪を切れ。
ギュスターヴ14世
「出来損ないめーーー」
ヨハン(紅いサソリ273号)
暗殺術は目立つ姿であればあるほど良い。と自ら字幕で語っている。
さすが暗殺者、モンスターの避け方も駿足である。
髪型がFF7の某ソルジャーと似ているが、ブレイバーや凶切りやメテオレインは使えないのであしからず(by:ヨハンより)
ヴァンアーブル
シルマール先生の弟子で術士。
焼け焦げた陣営の中から「ギュスターヴさま〜」「ヨハ〜ン」と、何とも緊張感のない声で探していた。
自身も弟子を持ったが、術を教えず斧を持たせて世界の命運を左右する戦いに放り出すという超スパルタ教育が得意。
偽ギュスターヴ
エッグマンナイトによって洗脳され、デーヴィドの父親の抹殺をプレイヤーに強制する。
コンバットでサルゴンにファイアストームや烈風剣を使わせる外道である。
もちろんその時に彼を操作しているプレイヤーも外道である。
すなわち、人間とはみな外道である。
サルゴン
エクレアの昔の彼氏。生体兵器である彼女の気持ちを理解できなかったというのが別れた原因らしいが、偽ギュスターヴによって改造を施され、自らも「ファイアストーム乱射用素体」という名の生体兵器になることで復縁できないかと考えていた。さらなる改造で炎の将魔になったあとは、15才の少女に「自分を殺してくれ」と頼んだりする変態になってしまった。

ウィル編[編集]

ウィル・ナイツ
伝説の卵料理を求めて世界を冒険するグルメ野郎。好物は、からすとうさぎ。
周囲からは慕われるが、自分の立場を利用してギュスターヴをも騙し、海賊からも大悪党と呼ばれている。
こんなヤツが101歳まで生きるなんて、世の中とことん不条理である。
アレクセイ・ゼルゲン
卵を目玉焼きにするか、スクランブルエッグにするかで口論となり、キャサリンを殺害した、熱狂的な卵好き。
愛称は「アレク」。科学者集団「アカデミー」と戦って世界を救ったハンターでもある。
ピーター・ゼルゲン
アレクセイの兄弟。闇の帝王と呼ばれる「例のあの人」の手下だったが、天海の聖霊シリウス・ブラックに罪を着せ、殺されたと見せかけて、ネズミに変身して逃走していたアニメーガス(動物もどき)。
ヘンリー・ナイツ
ゆで卵に、しょうゆをつけて食べる人間をクズ扱いする偏見の持ち主。「私は、ゆで卵には、塩をつけて食べる」と発言しただけで、キャサリンに殺された。
コーデリア
ヴィジランツ。狼に食べられた祖母を助けるためにウィルのパーティーに加わった。
「ゆで卵には、マヨネーズをつけて食べる」と発言したために、アレクセイの怒りを買って殺された。
タイラー
特殊能力として、髪型で相手を威嚇できる。
卵料理には興味ないが、さみしがりやなので、ウィルのパーティーに加わる。
ナルセス
寒いと死んでしまう術士。ゆで卵に、しょうゆをつけて食べるアレクセイのことが大嫌い。
ラベール
卵料理と偽名が大好きな弓使い。朝食の目玉焼きに毒を入れられて殺害される。犯行現場には「レッドフード」と呼ばれる頭用防具が落ちていたというが、詳細は不明。
パトリック
ラウプホルツの食堂の卵料理が食べられず、飢え死にしかけていた男。鋼鉄製の防具を装備し、同時にファイアストームも装備するというミスマッチが、たまらないというファンも多い。
レイモン
毒入りの生卵を矢に塗って発射する、「卵毒矢」の名手。趣味は、他人に貯金を勧めること。
リッチ・ナイツ
母親がコーデリアでもラベールでも、グラフィックが同じ生体兵器。短剣で勝利時のアクションをすると、スコップで卵をすくい上げているように見える。幻覚を見る薬が入った生卵を飲まされ、飛びおり自殺してしまった。
エクレア
リッチ編で登場する術士。卵が入ったクリームを使って造られた生体兵器。
ミスティ
幼い頃から卵料理だけを食べ続けて育った女性。
「お前に何ができる?」「邪魔するな!」「若い女は魅力的?」「やめて、殺さないで!」
このうち「やめて、殺さないで!」聞いたリッチは、「そういえば卵料理の材料にニンゲンって使えるんだっけ?」と考えるようになる。
ジニー・ナイツ
ウィルの孫娘。趣味は、「毒音波」「海老殺し」。
あのままノースゲートで売られていたら、そのあとどんな目にあわされていたか、などという想像をしてはいけない。
プルミエール
カンタールと誰かの娘。スカートを履くことによって、戦闘中のポーズ機能に意味を持たせたらしい。
ロベルト
14才の少女を誘拐しようとしていた術士。実在しない「大ミミズ」の存在をでっち上げるなど、巧妙な手口の犯行であった。
ギュスターヴ15世
特殊能力として、ギュスターヴ13世とタイラーの特殊能力を伝承法によって習得できる。
ラベールと同じく偽名が大好きな人物。エンディングで伝説の卵料理を台無しにしてしまった。
ミーティア
卵料理の修業のために、ジニー達のパーティーに加わる女性。「ヴァンアーブル依存症」という不治の病を持つ。
レッドフードを被っているため、ラベール殺害の真犯人ではないかと疑われ、国際指名手配されていたが、斧1つで卵料理の旅に放り出された超スパルタ教育を受けるなどよく訓練された真犯人だったため、治安部隊を返り討ちにして事件は迷宮入りした。

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「サガ フロンティア2」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)