サナトリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
サナトリウム(Sanatorium)
一般特性
名称, 記号, 番号 サナトリウム, Sa, 30
分類 金属
族, 周期 4, 12
密度 不明 g/cm3
原子特性
原子量 不明 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

サナトリウムは、元素番号30番のネオ元素である。元素記号はSa

概要[編集]

マイナスイオンを発し、体にとても良いため、結核等の難病の治療に貢献した。現在、療養所をサナトリウムと呼ぶのはそのためである。

歴史[編集]

発見当初は結核のような感染症にのみ効果があるとされていたが、現在は中二病釘宮病のような精神疾患にも効果があることがわかり、利用されている。

サナトリウムをめぐる事件[編集]

この元素は特務機関Maria's Gardenを内偵していた私立探偵の陣 龍一氏によって発見された(むしろ発見させられた)が特務機関の存在ごと抹消された。後に特務機関である白亜館により再発見される。

白亜館での悲劇。まことかわいいよまこと。

サナトリウムが発見された当時は、明確な採取方法が確立していなかったため、世界中の医療機関がサナトリウムを巡って争っていた。争いに巻き込まれた白亜館と、それを題材とした18禁ゲームいつか降る雪」はあまりにも有名。

サナトリウムオナニー中毒[編集]

現在、ネオ地球では陰部をサナトリウムにひたして刺激するサナトリウムオナニーが流行しており、それによって引き起こされるサナトリウムオナニー中毒が問題になっている。その快楽たるや、精通の喜びにも勝り、実は筆者もサナトリウムオナニー中毒患者だったりする。

関連項目[編集]