サニーミルク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
サニーミルク
サニーミルク.jpg
基本資料
本名 サニーミルク 
通り名 太陽のさせた悪戯 
身体情報 ツインテール 
職業 いたずらっ子 
好物 人間(の困った顔) 
出没場所 魔法の森、ほか 
所属 光の三妖精
親戚等

サニーミルク(Sunny-milk)とは、妖精である。

概要[編集]

「道に迷うのは、妖精のしわざなの。」
サニーミルク について、チルノ

いつも歩き慣れているはずので、ついに迷ってしまう。同じところをぐるぐる回ってしまったり、元いた場所へ戻ってきてしまったり。いつもならそんな事はない筈なのに、よほど疲れがたまっているのか……実は、妖精サニーミルクの仕業なのである。

能力[編集]

サニーミルクはを屈折させることで人間の視覚を混乱させ、まんまと道に迷わせる。そのため、の日は水滴が歪むために悪戯がバレやすく、あまり仕掛けてくることはないと言われている。また、もないような闇の中では光の屈折もへったくれもないため、悪戯されることはないが、当然に視界が利かないため別の意味で道に迷わないよう注意が必要である。

悪戯[編集]

人間(の困った顔)が大好きで、最初はルンルン♪気分で遊び回っていた子どもがつい帰り道を忘れてしまい、徐々に途方に暮れ始め、その表情もみるみる曇り、ついに泣き出してしまうと流石に「やりすぎちゃった」と慌てて家に帰してやるのだが、翌日には懲りることなくまた別の子どもを道に迷わせて……の繰り返しである。もしかしたら、本当は子どもたちと一緒に遊びたいのかも知れない。でも、素直に言えないために道に迷わせるという悪戯をしてしまうのかも知れない。だから、もしあなたがサニーミルクの悪戯によって道に迷わされた時は、きっと悪気はないため、あまり怒らないで欲しいのである。

対策[編集]

しかし何かと忙しい現代人は、そういつもいつも妖精さんと遊び戯れている訳には行かない。そのため、どうしても急ぐ用事があって森を抜けなければならない場合はサニーミルクが嫌いなを連れて歩くと効果的であるが、あまりいつも犬を連れて歩くとその匂いが体に移ってしまうためにあなたも嫌われてしまうかも知れないので、一緒に遊びたい場合はしっかりと体を洗ってから出直すことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東方三月精」の項目を執筆しています。